<   2018年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

e0115301_00281295.jpeg
18日の大阪の地震の後、えも言われぬ、落ち着きのなさを体験していました。

そして昨日の夏至が過ぎ、今日は出張セッションから帰る道で、満ちていく月が頭上に輝くのを見ながら、久しぶりの落ち着いた空気を感じておりました。

エネルギーがかき回されていた数日間、私の精神状態も、普段は静かな水底の泥がかき回されて、水の中全体がにごってしまったかのような不透明な状態でした。

そんな中、夏至の夜に久しぶりに虹の島(新しい名前に変わっています。)へ行き、山の上の島全体が見晴らせる所で瞑想をしていたら、突然カラスが現れたのでした。

あまりに意外だったので「えっ?なんでここにカラス?、私カラス嫌いやのに!」と一緒に瞑想していたフリントに伝えようと、英語で口にしたくらいです。

が、そのカラスの登場が、その時のひどい精神状態の諸々のこんがらがった糸を、するするとほどいてくれたのでした。

といってもカラスがくちばしでほどいてくれたわけではなくて、私にとって「カラス」がシンボルとして表しているものって何か?と思った時に、「ああ、そうか」と気づいた事があり、その気づきによってほどかれていったのでした。

それはまさに、普段は水底で静かにしている自分の中の泥のこと。それがあることを知りつつ、否定して隠そうとして、自分を疲れさせてしまっているという事。泥が嫌いで嫌で、清い水だけでありたいと思うのだけれどそうはいかない。関わる世界は、ご親切にもそんな精神状態をそのまま映し出してくれる。

その状態が増幅されたような体験がこの数日続き、ピークに達していた夏至の夜、カラスが「そこを見ればいいんちゃうの?(よいのではないですか?)」とでも言うかのように現れ、もがきから救い出してくれたのでした。

カラスの背中にのって、ヒューッと島全体を空から見おろすこともできましたし、ああ、こんな形で解決がくるのだなと、心からほっとした夏至の夜でした。

丁度今日から外に出かける仕事も入っていて、始まった途端バシッとスイッチが入る音が聞こえるくらい切り替わりがおき、身体全体に新たな調べがみなぎってきたのでした。そのことにもびっくり!でした。言葉で表すなら「慈愛」かな。

ありがとう、カラス。だからといって、カラスが好きになったわけでもなく、そこがまた良いよな。という結末でもあります。ちなみに後でフリントと話していて、「Raven わたりがらす」だったのでは?と検証したのですが、この時のは普通のカラスのようです。

頭の批判を一瞬にして追い出す、身体全体にみなぎる慈愛」。今回のありがたいギフトだったなと、あのスイッチの感覚を意識的に使えるようになりたい、という新たな目標もできました。

これを書きながらイメージは何を置こうかな?と思って出てきたのが、上の蓮の花でした。

この泥があればこそ咲け蓮の花 --- 与謝蕪村

書く事で、美しい気づきの花が咲きました。読んで下さる皆様に、そして落ち着かない暮らしの中におられる方々に、届く何かがありますように。





[PR]
今朝の大阪の地震、ご心配を頂きありがとうございます。こちらは大丈夫でした。
被害を受けられた地域の皆様、お見舞い申し上げます。

今日18日のヒーリングワークショップは、6月29日(金)に延期にさせて頂きました。

<6月大阪・セルフヒーリング>

あなたの内なる自己(フナのロウセルフ)が、健康、エネルギー、身体的な症状の全てをどのようにコントロールしているのかについて学んでいきます。あなた自身の個人的な指揮と共鳴を通して、自分で癒しを行う内なる能力を目覚めさせていきます。

・今、何が起きているのか、地震からの心身の回復も含めて
・身体の意識とのコミュニケーション(フナの3つの自己を基礎に)
・瞑想〜自然の元素や色による浄化とヒーリング
・日々の暮らしで行えるシンプルな実践〜より健康になる為に
・フリントおすすめの、食べ物・飲み物、運動、本など 予定

日時:6月29日(金)午後1時15分から午後4時45分
場所:ライシーアム 2階和室 ー大阪メトロ「朝潮橋」駅より徒歩7分
参加費:5.000円(早期割引:4500円ー6月25日(月)お振込まで)

6月27日から2か月間の火星の逆行期間は、身体的エネルギー的な影響や変化が起きやすく、身体のケアをするのに良い時期なのだそうです。


[PR]
e0115301_22085592.jpg

先月の大阪での「内なる旅ワークショップ」後、宿題でもあったので「内なる旅」を何度かした。ある時、あの美形ガイドさんに会おうといつもの庭に行ってみたら、彼はあるメッセージを伝えた後に姿が見えなくなり、女性のガイドさんに変わった。上のイメージのようなきれいな人だった。

彼女が現れるやいなや、トーニング(音を出すこと)をするように導かれた。丁度、部屋に誰もいない時に横になって瞑想に入ったので、気兼ねなくたくさん音を出しながら、喉からも身体の他の箇所からもたくさん解放されていった。

今回はメッセージをもらうというより、「ああ、そうなのか〜」と気づく感じで、「自分の周りを自分の声(波長)で満たすことが、聖なる空間を強めることになる」「私はもっと声を出した方がよい。言葉でも音でも。これからは特にね。」というような気づきを受け取った。

これは東京に行く前の内なる旅で、タイプしてそのまま内容を忘れていたのだけれど、先日の東京での「聖なる空間2」のワークショップでの気づきとすっかりつながっている。

最近、頭の記憶はすぐ抜けてしまうのだけれど(泣)、内側でおきている事や気づきは、美しくつながっていってる。記録を残しておいてよかった...。とつくづく思います。

内なる旅の楽しさ、役にたつ驚き、もっと体験して頂けるとよいなと思います!


[PR]
e0115301_20433457.jpg
東京から大阪に戻り、昨日はしっかり休み、今日からまた活動開始です。

今回の東京も新しい方やお久しぶりの方、そしていつもの皆さんにお会いでき、あっという間の楽しい8日間でした。以前から行ってみたかったほぼ日さんの「生活の楽しみ展」が丁度東京にいる間だな〜と思っていたら、偶然に開催場所の恵比寿に行く用事ができ(それもとても近い距離で!)参加する事ができました!9月は大阪(梅田阪急)で開催されるようです。

今日は、セルフヒーリング・ワークショップでおすすめする食料品の買い出しへ。阿波座のビオラル靭(うつぼ) 店(オーガニック食品のスーパー)に久しぶりに行ったら、品揃えが以前より充実していました。毎日のお買い物をここですると大変なことになりますが、時々身体が喜ぶ色々や、珍しい食材を手に入れにいきます。

色々見るなか、上の写真のハーブコーディアルのシロップに惹かれましたが、今回は他のリストを優先したので、次回のお楽しみということになりました。デザインも美しい!

一つ前のブログで「胃が疲れて...」と書きましたが、あの後フリントの見立てで胃ではなく他の臓器が弱っているという事がわかり、その対応をしたお陰で早い回復となりました。そのお陰で、東京では美味しいものをほどよく食べて、元気に忙しい毎日を乗り切ることができました!

身体をいたわって、食べ物との良い関わりを大切にして、これからの夏を過ごしていきたく思います。6月27日から2か月間の火星の逆行期間は、身体のケアをするのに良い時期なのだそうです。

29日のワークショップでは、そんな色々なお話しやお味見もお楽しみに!



[PR]
←menu