人気ブログランキング |

<   2012年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

本日12月28日 午後7時22分蟹座で満月ですね。蟹座の月は感情と関わりがあるとのこと。その影響でしょうか、昨晩あたりから感情の波や表出が出てきているようです。

冬至の瞑想では、「新年に古い荷物や古いアイデンティティを持ち越さない!」というメッセージがフリントからありました。そのテーマでのプロセスも進めつつ、今晩の満月のエネルギーの助けをうまくお借りしたいなとも思います。

自分のペースも大切にして、新年、1月12日の新月、立春や春分まで、節目を感じながら、新しい意識へ進んでいく大切な3ヶ月にしたいと思っています。

きらきらした光に満ちた春を心に描きながら、明日からしばらく旅に出ています。
女淵を訪ねて_e0115301_22512761.jpg


冬至の日に訪れた奥飛鳥、柏森の女淵です。女性の龍神が棲み竜宮城へ続く場所といういわれが信じられる場所でした。滝壺の水深は6メートルなのだとか。

ここにたどりついた時は、他のどの場所でも感じることのない感覚がありました。

初めての場所のはずで最近知った場所なのに、ここが、私がたどり着くことを目指してきた場所なのだとわかる場所。それも2012年の冬至の日に。

その後はおとぎ話のような展開もあり、明日香村の方とたくさんお話ができた旅でした。
ここ数日みなさんとお話している中で、以前フリントが例えに使った「樽の底のお掃除」のイメージがわいてきています。そしてそれが21日の後からおきてきているので、いつもよりつらい感じがしている場合もあるようです。でも「私もそうなの〜」と笑いながら語りあうトーンが、最近のお日様のように「何だかキラキラしている!」その事も際立って感じられます。

フリントからおすすめのメッセージです。
全部は訳しきれないので、一部だけ訳しました。

私達は今、愛のトンネルをくぐり抜けているところなのだそうですよ!

The manuscript of survival – part 242 •December 24,

You have been anxiously awaiting good news dear ones, as you have all been struggling various ways through this tunnel of love. For many, you have already seen the proverbial light at the end, but for others, the darkness will seem to be even more profound. Fret not dear ones, you will not be stuck in this darkness for ever, and even if you might have a hard time getting your hope up at this moment, know that this is only a part of this process, and you are in fact not doing anything wrong at all. Let us explain.

あなたがたみなさんは、この愛のトンネルを通りながら様々な方法でもがきつつ、心配しながら良いニュースを待ち続けていたことでしょう、たくさんの人にとっては、既にことわざどおり「トンネルの先の光」を見ているでしょう、けれども他の人にとっては、闇がより深くなっているように見えるでしょう。思い悩まないでください。この暗闇の中にいつまでもとどまってしまうことは決してないのですから。
今この瞬間に希望をとり戻すのに苦労していたとしても、このことは知っておいて下さい。これはこのプロセスの単なる一部分でしかないということを。実際のところ、あなたはまったく何も間違っていないのです。そのことを説明させて下さい。

As we touched upon in an earlier missive, in fact, we have talked about this several times before, mankind have a habit of making presumptions in their heads as to how and when certain things should come about. And, as you all know so well, these fabled days in December 2012 have been a bit of a hyperbole, to put it lightly. That is easy to understand, because as none of you have any prior knowledge as to how such a massive process as this will come about, you have an ingrained need to try to picture it anyway. And then, some of these images take on a mass appeal, and they are aired and discussed and seem to take on a life on their own. After a while they are presented as ”facts” or even ”The Truth”, and many will start to adhere to these truths. Well, as you all know so well, a human mind has a certain limitation to it, and anything not fittting within these limits will not be easy to understand. So too in this, and as we said beforehand, many will become very disappointed during this period of transition. And many have, even to the point of destruction. For they have come to lose every hope, not only in this process, but also in themselves. And when they do, they will have a hard time finding anything to believe in, and their future will seem to be less than bleak.

missive メッセージ
presumptions 〜であろうという推定
come about 事がおこる
fabled まことしやかに語られた
hyperbole 誇張
ingrained ね深い
aired 公表された
adhere 忠実である
bleakわびしい

Mankind have a long story of this, and as usual, it will act a sort of a self destructive mechanism. For, as we have said on so many occasions, there is nothing that can stop you now, except yourselves. For your fear is the only thing standing in your way now, there are no outside forces creating havoc anymore, they have been neutralized and cannot affect but minor irritations here and there. The only thing stopping any of you now, is your own inner fear of letting go and pushing through it all. And this inner voice of self doubt have been very, very strong, as so many of you have testified to lately. And do you think it was a coincidence that it was heard by so many after a day when so many of you were literally swimming in bliss and love?

havoc 大破壊
testified 証明された

We do not say this to criticize any of you, we are merely trying to shed some light on this process.

For this is in so many ways a solitary journey, where you will be forced to face every challenge you meet head on, and you are the only one who can decide whether to keep pushing forwards, or whether to give in to that voice inside telling you it is futile to continue. Remember it is not for nothing we called this period the tunnel of love. For just like in a carnival ride, it is a dark tunnel you have to pass through, and surprises are lurking where you least expect them. And why is this process like this? Why, to give you the chance to discover the real you, the one that is residing at your very core, the one that is so much stronger and braver and more resilient than you could ever have hoped for. For this is not a journey set up in order to make you all suffer. This is a journey set up to make you all become very clear about yourselves. Hence, this seemingly endless barrage of mental and physical ups and downs, throwing you off course one minute, guiding you back and firming your resolve the next.

なぜならこれはとても多くの意味で、ひとりぼっちの旅だから。そこではあなたは正面から出会うどのチャレンジにも直面させられるだろう旅。そして前に向かって進み続けるか、続けても何も役に立たないと告げる内側の声に屈するかを決められるのはあなただけなのです。覚えていて下さい。私達がこの期間を愛のトンネルと呼ぶには、十分理由があることだということを。なぜなら、これはカーニバルの乗り物に乗ってるかのように、あなたが通り抜けていかないといけない暗闇のトンネルなのです。そして驚きが一番予想もしなかったところに潜んでいるのです。

そして、このプロセスはどうしてこのようになってるのでしょう?これはリアルなあなたを発見するチャンスをあたえているのです。あなたがかつて望みもしなかった、あなたのまさに核のところに存在している強く勇敢で逆境から立ち直れるあなたを発見するチャンスを。ですのでこれはあなたを苦しませるために設定された旅ではないのです。これはあなた自身について、あなた方すべてがとてもクリアーになるために設定されたものなのです。だから、これは一見したところ終わりのない精神的身体的アップダウンの連発、ある時はあなたを道からそれてなげだし、また戻し、次への決心を確かなものにする旅なのです。

shed 発散する

For again we remind you, that this is a journey where it is every man for themselves. For it is up to each and every one of you just how fast or how slow your journey will be, because it is up to you to determine when the time is right for you to finally round that last corner and see the bright lights shimmering up ahead. Again, this is not any form of criticism, rather a reminder that this journey is not over for any of you, and even if you are amongst those still lingering somewhere in the darkest parts of this tunnel of love, you are no worse or no better off than any of the others. For you will all reach your goals at the designated time, some sooner than others, but all will do so at the exact time that is stipulated for you. And remember, you are the one stipulating this beforehand, there is no one else who can force you to endure one second longer of this process more than what you yourself have decided. Likewise, there is no one outside yourself who can give you a shortcut either. For each and every one of you will have to take this at your pace, and each and every one of you will be emerging from that dark mouth of this tunnel victorious.

ペースはその人にまかされている。早い遅いはあるけれども。それぞれが約束された時に、この勝利のトンネルの向こう側へと現れ出る。

lingering ぐずぐず居残っている
stipulated 約束された

For when you emerge, you do so whole and complete. For along the way, you will have shed any extraneous baggage you might have acquired that was holding you back, but instead, you will have gained all of those ”missing parts” that constitutes the whole you. So we say this today, on the day that marks the beginning of a celebration of spirit and light for so many of you: do not forget to celebrate yourself. For even if you still feel mired down in the darkest part of this tunnel of love, you have made an extraordinary achievement already. In fact, for those still fighting off their urge to call it quits and give up, we say you must celebrate more than most. For you have chosen to take the most challenging route, and what you will learn along the way, will be lessons that will bring humanity such a long step forwards once you too emerge from this tunnel and become ready to share of your lessons. For they will not come easy to any of you, but what they leave behind is someone shining so brightly they will literally be able to light up even the darkest corner of this planet.

ですので、あなたがトンネルの先から現れ出たときにには、完全な全体として出現するのです。なぜならあなたの外のものであなたではない荷物を取り去っているだろうし、あなたという全体を組み立てるのに失われていたパーツを手にいれているでしょう。ですので、自分を祝福することを忘れないで下さい。

なぜなら、あなたは最もチャレンジングなルートを選んだのですから。そしてあなたがこの道で学ぶことは、あなたがいったんこのトンネルから現れ出てこのレッスンをシェアする準備ができたなら、人類が前に進んでいく大きなステップをもたらすことになるのです。
ですのでそのレッスンはあなた方の誰にも簡単なものとしてはやってこないでしょう。けれどもそのことが残していくことは、とても明るく輝く誰かで、その人たちは文字通りこの惑星の最も暗闇の片隅ですら照らす事ができる人たちなのです。

So again we tell you, celebrate yourselves in any way you can, for you have certainly more than earned the right to do so. And again we repeat, wherever you are, know that all is well and that you are doing everything just as you were meant to do it. For the tides have turned, and this waterfall of energy that has started to pour over you will affect you all in so many ways. At the moment, this light will be impossible to detect for all of those still finding themselves at a loss inside this seemingly endless dark place. But know that this light is also showering you and penetrating you to the core. So you too will benefit from all of this in so many ways, and so too will the rest of the inhabitants on this planet.

you are doing everything just as you were meant to do it
そうすることになっていたことをしている。
tides have turned,
情勢が一変した

So take this for what it is, namely a message of hope, and a message of admiration. For you are all shining beings, and what you have already accomplished is a deed that outshines what anyone else in Creation can lay claim to. We salute you all and wish you all the best for this next stage of your jouney, whether it will be in broad daylight, in the half light of dusk or in the pitch black of the night.

admiration 賞賛
lay claim to 〜の資格があると主張する
salute 敬礼する
pitch 極み
2012年12月21日冬至以降の展開を経、
今朝フリントと話していて、ふとあるイメージがやってきた。

宝物を手にいれる冒険のまっただ中にいる、物語のヒーローやヒロイン。

宝物は洞穴の奥に隠されていたり、
海の底深くに沈んでいたり、
そこにたどりつくまでには、悪者や怪獣をやっつけて
奥深くまでたどり着かないといけない。

もうだめだ!とあきらめそうになる時が必ず出てきて、
チャララ〜と追い打ちをかける音楽がかかった最後の瞬間に
どこかから勇気づけの光がきて、内なる力を取り戻す。

そして最後はハッピーエンド。

宝物を手にいれる為の旅の中で養われた強さ、あきらめなかった誇りと共に
輝く笑顔で宝を手にする。

宝物がほらあなの前にあって、「ご自由にお持ち下さい」
というはりがみがはってあったりはしないのだろうな。
あったとしても、そういうのは気をつけたほうがいいのかも。

楽して手にいれたいという気持ちもある中で
どこかで冒険にチャレンジして、この手で宝をつかみたいという気持ちもあること
それを思いだす旅でもあるのかもしれない。

不必要な苦労をする必要はないけれど、冒険するということは案外いいもんだと
思える。

今のこの過程を考えてみた時に、私にとって今用意されていることは
そのことかもしれない。

これは一人一人の旅

21日の夜の瞑想で出てきたフリントの言葉は、
Personal Victory 個人的勝利

そして女性である私としては、
自分で白馬に乗って指揮をとることへの目覚め

まさにそのような冒険の旅の途中です。

悪者や怪獣も、自分なんだなあ〜と気づきながら...。

私という宝物を、私の手で取り戻す旅_e0115301_13281133.jpg

柳は緑 花は紅_e0115301_21421810.jpg

フリントよりメッセージ 2012.12.21 Galactic Alignment_e0115301_22525039.jpg


英文の後に日本語が続きます。

Dear Friends,

The peak is in sight! Just a few final steps to arrive at this major summit of our ascending journey that began many years ago! 2012 December 21st is the Winter Solstice we've all been anticipating for decades! And here it is…

Dec 21st - 11:11 UTC = 20:11 (8:11 pm) JST Japan Time
(Actually 20:12 JST according to scientific sources)

This Winter Solstice is actually a 3 day period -- Dec 21, 22, 23 that will be a historic change point for all time. Solstice means "Solar Still Point" and this year, 2012, the Earth and Sun will align with the Galactic Center. This will mark the end of the previous age to begin a New Age of increasing Light and spiritual connection.

Our Sun is also being "reborn" on Dec 21st as it aligns with higher frequencies arriving from the Galactic Core, through Sirius and Alcyone in the Pleiades. All life on our planet will receive an evolutionary boost with these new energies.

Each person will experience these energies differently according to many factors. You may be feeling tightness or constriction in your mind or body, like going through a birth canal as you go through this spiritual re-birthing process.

You can balance your energy through deep breathing, stretching and movement, and walking in Nature. Rest and meditate by feeling more of your energetic connection to Earth and Nature, rather than your mind and daily inner dialog. Focus on your essence, purity and inner light, hope and future happiness. Use these three days to go deeply within and reconnect with self as often as possible.

We will be meditating physically in Asuka at several times during the day on the 21st to align with the incoming Galactic Center energies. We will be inside our Temple of Light from 8:00 pm to 8:30 pm. Please connect with us to celebrate this historic time and the uplifting of consciousness on our Planet. We look forward to welcoming you!

"You are a graduating from spiritual adults to cosmic infants."
- Pleiadian High Council - through Lauren Gorgo

Best in Light,

Flint and Noriko

親愛なる友人の皆様へ  

頂上が見えてきました!何年も前から始まった私達の登りの旅、もう後最後の数歩でその主要な頂上に到着するところです。2012年12月21日冬至、その日を私達は数十年も待ち望んできました。そして、その日がここにやってきています。

12月21日- 11:11 世界標準時 = 20:11 (8:11 pm) 日本時間
(実際科学的な情報源によると20:12とのことです。)

冬至というのは実際のところ3日の期間のものです。12月21日22日23日は、すべての時の中で歴史的な変化の地点となるでしょう。冬至や夏至の至点というのは太陽の静止点を意味します。そして2012年は地球と太陽が銀河の中心と整列します。この日は光とスピリチュアルなつながりの新しい時代が始まるための、過去の時代に終わりの印をつける日でもあります。

シリウスとプレアデスのアルシオネを経由し、銀河の中心から到達するより高い周波数と整列することによって、私達の太陽も又12月21日に生まれ変わるのです。私達の惑星上のすべての生命が、これらの新しいエネルギーによって進化の高まりへと押しあげられます。

多くの要因により、それぞれの人がこれらのエネルギーを違って体験することでしょう。あなたがこのスピリチュアルな再誕生のプロセスを通り抜けていくにあたって、あなたはすでにマインドの中やからだで、まるで産道を通っているかのように窮屈な感じや締め付けられる感じがしているかもしれません。

深呼吸やストレッチ、身体を動かすこと、自然の中を歩くことでエネルギーのバランスをとることができます。思考や日常の内なるおしゃべりの代わりに、大地/地球と自然とのエネルギー的なつながりをさらに感じながら、休息し瞑想してみて下さい。あなたの本質、純粋さ、そして内なる光、希望や将来のしあわせに焦点をおいてみて下さい。この3日間を内側に深く入り、できる限り自己とのリコネクトー再びつながることに使ってみて下さい。

私達は物理的には飛鳥にいて、やってくる銀河の中心からのエネルギーとアラインメントする為に、その日は何度か瞑想をする予定です。日本時間の午後8時から8時30分の間、私達は光の神殿の中にいます。この歴史的な時と私達の惑星の意識の高まりを祝福する為に、私達とつながってみて下さい。あなたをお迎えするのを楽しみにしています。

"あなたはスピリチュアルな大人を卒業し、宇宙の幼児になりつつあるのです。"
--- The Pleiadian High Council
プレアデス高等評議会 ローレン・ゴルゴを通して

Best in Light,

Flint and Noriko

Spiritual Inspirtations
BOXを使い始めた頃は英語のみのサービスだったのですが、現在は日本語のHPができています。これからe-Learningや音声を使うシンクロ瞑想をされる方は、予めご登録下さい。

BOXサイト

e-Learning や瞑想の音声ダウンロードに使うBOX は、無料のオンラインストレージです。皆さんそれぞれが、ご自分のBOXを持つ形になります。(登録は無料です)

ご自分のファイルの整理などにもお使いください。
特に、今までe-Learning の音声をダウンロードして下さってた方は、
一括で整理されるものとして、お使い頂けると便利です。

フォルダーを共有する為のメールをお送りしますので、そのアドレスをクリックすると、音声がダウンロードできるようになっています。
(コラボレーションするという言い方をします。)

iPhone, iPad, Android のアプリを使えば、パソコンと同期することもできます。

わからないことがあれば、nikoniko@gol.comまでお知らせ下さい。
夜の瞑想に東京から参加しました。

神殿への誘導瞑想を聞いてその場に一度座ったのですが、そういえば今回は立って下さいという話があったのを思い出して立ち上がると、頭上に黄金の光が溢れていました。そのシャワーを暫く浴びていると、身体が何倍にも大きくなったような気がして、その身体が地球の大気圏を突き抜けてその先に行っているようなビジョンを受け取りました。

また美内すずえさんの「アマテラス」のイメージが降りてきたので、黄金に輝く地球を包み込んでいる女神と同化するイメージで、自分も同じように手の中に地球を思い描き、その周りを黄金の光で包みました。

飛鳥・瞑想の感想 2_e0115301_20252261.jpg


光のシャワーの中でまどろんでいると「自らの思考に注意せよ」というメッセージが聞こえてきました。

21(22)日までは(それ以降も)意識的であること、自らの感情に
しっかり向き合うようコミットメントしたいと思います。

--- A.N.
Dear Noriko-san & Flint-san,

I really had a good time with you in Asuka!
Thank you.

I had been wondering which direction I could move into after I came back from Israel,
so it was a great timing to do the vision quest.

I have not decided the next step to take yet,
but now I feel I am with a new energy.
I wish to move with curiosity and " I can ".

And the presense of Noriko-san and Flint-san
taught me to be Shizen-tai ( Noriko-san, what could be the good translation for this word..? )
that I just can be as I am and no need to put something extra on myself.

法子さん&フリントさん

飛鳥でご一緒させていただき、とても良い時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました。

イスラエルから帰ってきた後、どちらの方向へ向かっていけばよいのかと
思っていたところでした。ですから、ヴィジョン・クエストをできたのはとても良い
タイミングでした。

次にどんなステップを踏むのか、まだ決めていませんが、
新しいエネルギーが自分のなかにあるのを感じます。
何を選ぶにしても、好奇心、そして「できる!」という気持ちでやっていきたいと
思いました。

そして、法子さんとフリントさんの存在から、
自然体でいること―自分に何も余分に付け加える必要はない、そのままでいればいいんだ、
ということを学びました。

ありがとうございました。

---S.T.
初めての飛鳥でしたが元々山や緑が大好きだった事と、何より参加された皆さんがとても温かい方ばかりで、緊張はなくリラックスして参加させて頂く事が出来ました。

12:12:12の儀式で、太陽や風、大地それぞれのエネルギーを自分の中に浸透させていく事や光が自分を通って大地に流れていく事を思うと涙が込み上げてきて、有難い気持ちというか自然と感謝の気持ちが沸き起こる感覚がありました。
そして山を歩いているうちにエネルギーが湧いてくるというか充電される感じがあって自分が山が好き(山歩きをいつもしてるわけではないのですが、好きな場所でイメージするのは山や緑がたくさんあるところなのです)というだけでなく飛鳥の山がご神体である事が大きいのだなぁと歩きながら実感してました。

日本一長い名前の神社(うすたきひめ…)での体験も一生忘れられない感覚です。予定になかったそうですが、ほんとに行けてよかったです。感謝です。

昨日の瞑想のシェアも、是非させて下さい。

父はいつも帰りが遅いのですが12日はたまたまご飯が一緒になったので話してみたら「9:12やな、わかった!」と言って不思議な事に父も母も瞑想に参加しました。以前から少し話をしていた母は一緒にやってくれる感じはあったのですが、こういった話を父にするのは初めてだったのにまさか参加してくれるとは(°_°)

私は、瞑想2回目で、まだ手探りな感じでしたが「ただこの場にいる自分を感じて、感謝する」事、世界中のみんなと手を繋いでつながっている事を思いながら瞑想しました。

最初は手を繋いだ感じをイメージして、手を横に広げていて、ずっとこの状態はだるいかなと思ってたら、途中で胸に手を当ててから手を広げ直したら、ふわっと手が広がったというか引っ張られるというかだるい感じがなくなって、手がじわっと熱くなって、もしかして皆さんと手を繋げているのかな…と思っていました。感触があったとか何かが見えたとかではなかったので、自分でもなんとなくふわふわと不思議な感覚がしました。

瞑想を終える時に感謝の気持ちを持って、ロウソク(今回初めてつけました)の炎をみてそれを自分の心に灯す感じを思った時に12:12:12の儀式の時のように胸が熱くなって涙が出ました。

このようにほんの数週間前まで何も知らなかったのに、ギリギリでアセンションや12:12:12の事を知って、(でもこのタイミングで知る事に何か意味があったのではと思っています。)また皆さんに出会う事が出来てほんとによかったと心から思っています。

ありがとうございました。

まだまだ自分の中に被害者意識や自己嫌悪がでてくる事があるのですが、一歩ひいてまた出てきたなと少し冷静に?なれたのかなと思います。

これからもどうぞよろしくお願いします。

--- C.O.
←menu