人気ブログランキング |

<   2010年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

明日23日(もう今日ですが)から津経由で伊勢に向かいます。この数ヶ月を経て、お久しぶりにお会いできるのを楽しみにしています。出発前にこちらでお知らせさせて頂きます。

*Reconnect with Your Natural Self 「自然な自己とのつながり取り戻す」のe-Learning ができました。関西の旅にもCDお持ちいたします。パソコンのメールも時々チェックできますが、携帯のメールにお申し込み頂けると嬉しいです。

詳しいページ

*伊勢のリトリート3日目の内容が新しくなりました。

Heart Vision〜Dreaming a New Dream
ハートビジョン〜新たな夢を夢見る

パート1ー未来をデザインする
私達は今新たな認識と気づきをもって、かつてないほど内なる力へつながっています。新たな世界を共同創造する力は今我々の手の届くところにあります。この力を私達がこう生きたいと望む環境や状況を創造することに使う練習をする時です。あなたが創造したいことの描写を書き始めていきます。

パート2ー意識を転換する5つのステップ
現在の制限された現実から新しい選択のあり方へ、短期間に意識を転換することを助けます。

パート3ーオルタナティブ(代わりとなる)な未来へ移行して行く

代わりとなる現実はすでに存在しています。未来に向けて新しい選択をすることは、創造的な拡大になります。丁度登山をする人がより高台からだとさらに見張らしがよくなり、前に進むより容易な道を選択できるかのように、新しい可能性と選択が可能になります。新しいタイムライン(方向)を代わりの現実として選択し、現在と一つに溶けあわせることができるのです。

日時:5月1日(日)午前10時から午後3時
場所:鳥羽・ホテルマリテーム
参加費:8000円

伊勢志摩リトリート

*この内容は東京でも行う予定です。

*東京のフナ3つの自己&ハイヤーセルフワークショップは、月曜日のご希望にあわせて日程を調整中です。5月31日6月7日が候補です。参加ご希望の方はお問い合わせ下さい。

満月の翌日から伊勢志摩リトリート、その後忍者の里伊賀上野に修行に出かけ、その後は今のところ未定になっています。新しい夢を夢見て現実を創造しながら、オルタナティブな未来をつくっていく旅が始まります。
今まで長〜い夢を見ていて、そこから覚めつつあるような感覚がするのです。突然何を言い出すのかと思われるでしょうが。

もちろんずっとこの日常をこの身体で暮らしてきて、その延長線上に自分がいるのは十分感じているのだけれど。誰か違う人や存在にとってかわられていたわけではないし、私という感覚は同じなのだけれど、私が私に帰ってきたという感じ。ソウルリトリーバル(魂を取り戻す)というシャーマンのセッションがあるのですが、まるでそれを受けたかのような、違うところにしばらくいっていて、家に戻ってきたのでするべきことを始めようかという感じでもあります。

夢から覚めて_e0115301_1535895.jpg


何も特別なことをしたわけではなく、先ほどから真剣にフリントと話しをしていて、熱い思いを語っていた だけなのです。後、昨日と一昨日午後に急に抵抗できない眠気に襲われたりもしましたが。新月の影響もあるのでしょうか。

だからといって、ついに覚醒した!とか、そういうのとは全然違いますのでご心配なく。右の話の続きで、グラウンディングすることが、この目覚めの感覚を開いていっているのかなとも思います。そして腹でうごめくビジョンを感じて、それを表に現す方向へとエネルギーを使うと、さらに眠りから覚めてくるような感覚がしてきます。

夢を見ていたのがこの一ヶ月なのか、10年なのか、26000年なのかそれも定かではなく...。
眠っていた(ように思える)期間も必要だったのかもとも思えます。根付く大地が新しくなっているような感じもするのです。まるで一瞬ジャンプして着地したら、ジャンプする前と床が変わっている。新しい地面に着地しつつあるような。そのような感じでもあります。

去年の9月からのめまぐるしい動きから春分があって、先日の4月の新月、明日から水星がしばらく逆行して、5月11日に順行に戻るそうです。ビジョンの最後の練り直しに良い流れがきているようにも思います。

みなさま、この新月の後いかがお過ごしですか? 東京はこれから雪になるとのことです。蝶になった夢でもみようかな。
「背が低くなったのか私?」と、今日街を歩いていてびっくり。歩いているからだが大地に近い。急に背が縮んだのかと思った程。年齢は重ねて来たけど、まさかまだそこまではいってないはず...。

そうこれは、先日のリコネクティング・ウィズ・ナチュラルセルフ〜自然な自己と再びつながるのワークショップの効果なのでした。大地にしっかりと足をつけて、からだが大地とつながって歩いている感じ。だから地面が近い気がしたのですね。

後から振り返ってみての感じですが、今思えばそれまではかなり頭に意識がいっていて、歩いていても自分が上のほうにいる感じだったのです。一生懸命先へいこう上に向かおうと急いでいたなあ、あせっていたなあと今はおもえます。ナチュラルセルフ(Deeper Self)とつながって、意識が下におさまって、本来の自分に戻ってきました。

意識がおなかの方にもむいて感じることをとり戻すと、そこからハートともつながれて、自分にも周りにも優しくなれています。おりしも4月、新月。色々なことが動き出してきて、人や出来事との関わりがふえてくる時期。頭や感情にひっかかって、ハートを忘れて対応しそうになっていたことも、自然な流れに戻り一安心。

自然な自分とつながる。フナの始まりの始まりなのですが、私はここが一番難しかったりもするのです。最大のテーマであり、一番好きなテーマでもあります。

12日のワークショップは内容もさることながら、音声がとても良い状態で録音できました。編集もまもなく終わりますので、23日に関西へ出発する前にe-Learningでお届けできそうです。

自分が自分に近くなったら、自分が本当にやりたかったことを、周りの人が私に頼んできて下さるということがおきてきて、うわ〜おもしろいし嬉しいということがおきています。頭で考えて計画していくことも大事なのだけれど、この「はら」の部分と仲良くなることでおきてくる現実のおもしろさは、頭の計画をこえてる?感じがします。まさに人とつながって、それもその人の自然さとつながって物事がすすんでいく。

リ・コネクト 再びつながる。自分と人と自然と。月がこれから満ちていくにあわせて、ますますつながりが取り戻せますように。

伊勢では自然の中で波のリズムで「リ・コネクト&レゾナンス」ますます自然な私や自然なみなさんとのつながり楽しみです!

e-Learning〜自然な自己と再びつながる












募集締め切らせて頂きました。ありがとうございました。

4月新しく何かを始める方が多い時です。頂くメールやお電話でも、まさにSpring ー跳ぶ、はねるという感じが伝わってきて嬉しくなります。春から英語を始められる方も多く、英語レッスンの今までに作った教材を、e-Learningで提供する準備をすすめています。

そこで「e-Learning で学ぶ英語」のモニターになって下さる方を募集しております。「英語を始めようと思っていたけれど、今までなかなかきっかけがなくて。」「4月になったしそろそろ〜」と、思ってらっしゃる方はご連絡下さいませ。

教材は以前ブログにのせたCarrots, eggs, and coffeeです。下にリンクをはっています。

お願いすることは、
*この文章を読んで、わかるところを訳してみる。そして、わからないところの「ここがわからない」ということを教えて下さい。
*テキストと練習問題をお送りしますので、実際に学んでみてその感想をお聞かせ下さい。
*文章を読んだ感想を英語で書いてみる。英語で書けるところまで書いて、後は「こういうことが書きたい」という日本語を添えてみて下さい。それを英語に直す練習を一緒にしていきます。
*私が録音した英語の音声を聞いて、リスニングと読む練習をして英語のリズムに慣れていく。
という一連のことを、メールとお電話のやりとりで行います。

下記のリンクから英文を読んで頂いて
Carrots, eggs, and coffee

*文章の前半の意味や情景が大体は理解できるけれど、全部はわからない。
(後半は難しくなっていますので、わからなくても大丈夫です。)
*内容自体に興味がある。
*パソコンをお持ちで、MP3の音声ファイルをダウンロード又はメールで受け取れる。
*ほんとに英語を始めようと思っていた。

以上にあてはまる方は、私のメールアドレスまでご連絡下さいませ。
(お知り合いの方に限らせて頂きます)

お申し込み時に、下記のパラグラフの日本語訳か大体の意味をお書き添え下さい。

A young woman went to her mother and told her about her life and how
things were so hard for her. She did not know how she was going to
make it and wanted to give up. She was tired of fighting and
struggling. It seemed as one problem was solved, a new one arose.

ご応募お待ちしています。

感謝と共に。法子
<内なる自然な自己とのつながりを取り戻す>
Reconnect with your Natural Self  

2010年度フナ4・5月東京のお知らせ_e0115301_1383066.gif春にぴったりのテーマです。フナを学ぶ始まりとしても、又ハイヤーセルフとのつながりを確かなものにする為の理解と実習としても、どの段階でも役に立つおすすめの内容です。

3月のフナの7つの原則の時も、皆さんから「ハイヤーセルフ」に関する質問が何度も出ていました。やっぱり気になりますよね。ハイヤーセルフとのつながりの為に、まず内なる自己としっかりつながること。その為のシンプルな実習をたくさんしていきます。入りやすくてかつ深い、私のとても好きな内容です。ナチュラルな自分を取り戻す、それがスピリットとつながる道の始まりなのだと、いつもあらためて気づかされます。

e-Learningでも提供する予定にしています。

日時:4月12日(月)午後1時から午後5時
場所:東京/杉並区産業商工会館
参加費:5.000円

詳しくはこちらへ
イースターの今日、アウェイクンのHPのフナのページが奇麗になりました。爽やかな海の風が吹いています。

そして、今まで明かされていなかった(笑)「フリントがどのようにしてフナと出会い学んだか」をインタビュー記事に追加しました。
ハワイで学ぶ前のフナのことで、この教えが今もフリントのフナやすべての教えの基礎になっています。

フナ・インタビュー/フリントさん自身は、どのようにしてフナと出会われたのですか?のところになります。

朝日イブニングニュースのゴーストバスターズ(幽霊退治)の記事の日本語訳を載せました。シャーマン、フリント・フリントフトが場の空気をクリアーにします。

これは特別なケースですが、通常のお家やオフィスの浄化と祝福の儀式も行っています。お引っ越しの前後や、新しく何かを始められる場所、ヒーリングのセッションルームなど、頼まれて時々お出かけしています。HPには載せていないので、詳しくはお問い合わせ下さい。
右からの続きで、ボロット・バイルシェフの「シャマン」という曲、そしてトゥバ共和国のオンダール・モングンオールという人の声が聞けるページを見つけました。

何年か前にこの2曲を聞いた時、何故だか惹かれて何度も何度も聴いていたのを思い出します。音を真似して遊んだり。

「アルタイ二千年の伝統を持つ英雄叙事詩カイの宇宙的な響きと
大地の核心を知り抜いたロシアン・テクノの融合は、聴くものの意識を高い次元へと導く。」

好き嫌いがあるかもしれませんが、ご興味のある方は聞いてみて下さい。(出てきたページの左のメニュー、上から5つめCDinformationからエキアタルレコードのページに入ります。)

「シャマン」「バヤンドゥガイ」 

アルタイの音_e0115301_1295847.jpg


このブログの左下で紹介している「ベロボディアの輪」も何度読み返したことか、という程大好きです。この本は昔、マヤの暦の小原大典さんが「法子さんはこの本きっと好きだと思いますよ」と薦めて下さったものでした。大阪のアウェイクンコミュニティセンター時代(なつかしい)のことです。

アルタイのシャーマンの音を聴く、2010年のイースターの日。私の中の何が復活していってるのでしょう。そしてあなたの中の何が.....? 今日一日そしてこれからの何日間か、自分の内や外で起きてくることに気づいているとおもしろいかもしれませんね。

(2015,9.14 you tube で上記の音楽発見しました)


4月4日はイースター(復活祭)ですね。卵に色を塗ったりする予定はないですが、ただ「復活」という言葉が今響いてきます。

2日は強風の中、以前から憧れの土地「逗子」に初めて伺いました。鎌倉までは行ったことはあったのですが、その先は未知の場所。
「湘南新宿ライン」に乗ればこんなに簡単に行けることも、最近まで知らなかったのでした。駅を降り立った途端、海の風とエネルギーを感じリラックス。大阪の港の近くで生まれ育ち、学生時代は神戸の海にも育てられ、おまけに魚座なので海の香にほっとします。

海の香〜アルタイ〜復活_e0115301_0304120.jpg


初めて訪れた場所「逗子」で過ごした時間の中で、なつかしい言葉や風景と再会してちょっと驚くこともありました。連れていって頂いた「Coya Cafe」の雰囲気が、京都の「一乗寺」とか「修学院」あたりのカフェに似ていたり、そこで「地域通貨」のことをオーナーの方と話したり、私が昔アロマの瞑想会をしていた話や、その時のバイブルだったパトリシア・デイビスの「聖なる香」のことが話題にでたり。

色々なことがなつかしく、それでいて新しい。

東京に帰ってきてからも、「何だか元気になったね〜」と二人で話しながら、4月新しいスタートにむかっています。

5月に逗子にて瞑想会を予定しています。訪れる機会が増え嬉しいです!もうすぐ伊勢志摩にも伺えるし、今年は海とご縁があるようです。

<お知らせ>
逗子を歩いていて、ふと掲示板に目をむけて見つけました。

4月7日
ボロット・バイルシェフ in 葉山
~アルタイ 倍音の歌唱~

今の私のバイブルともいえる「ベロボディアの輪」の国、アルタイ共和国。そのアルタイのシャーマンによって歌い継がれてきた「カイ」(モンゴルの「ホーミー」のような)を歌う方なのです。

詳しくは
花冷えの候という言葉が、身にしみて感じられる今年の4月1日です。日本では新しい年の始まりの日。個人的には、この3月を通り抜けたことで、その力でよいしょっと4月のステージに登ってこられたような感じがしています。

昨日あたりから、新しいことのお知らせが舞い込み始めています。何ヶ月か前からお伺いしていたプロジェクトが、この時期に形になったものを拝見して感動したり。私の中でも変化がおきています。

「おさまるところにおさまる。」その為に中のものをいったん外に出して、自分で見て気づいて体験して整理しなおす。その作業を去年の秋頃からしてきて、それをしながら、新しい自分を立て直していった冬から春でした。

お芽出とう4月_e0115301_1128916.jpg


「今私達は、古いものを整理しながら新しいことも同時に始めていってる。だから大変なのだ...」というメッセージを何かで読んだのを、ふと思いだします。大変ではあったけれど、「体験することは力がついていくこと」というのを、今まで以上に実感できた年でもありました。そうすると、おきてくることに対する心構えが変わり、進んでいき方が変わってくる。そのお陰でさよならすることができた、自分の中の態度や思い込みもありました。

4月の今日からは、もっとシンプルに楽になるような予感がしています。今まで土を耕して蒔いた種が芽を出していく。それを見て育てていく季節の始まりでもありますしね。

花冷えの候も間もなく終わり。新緑にお日様が降り注ぐ日が待ち遠しいです。明日は私にとって初めての地「逗子」へ伺います。
←menu