人気ブログランキング |

<   2009年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

元日に月食、日本で初 しぶんぎ座流星群も4日にピーク

新年があけてすぐの1月1日午前4時ごろ、日本で月食が見られる。元日の月食は「日本史上初」。明治以降で例はなく、それ以前は「太陰暦で、元日は新月だったから」(国立天文台)。4日には三大流星群のしぶんぎ座流星群がピークを迎えるほか、15日には、部分日食が西日本で観測できる。来年の年始は天文イベントが目白押しだ。

詳しくはAsahi.com

元日の月食は「日本史上初」てそんな大げさな!と思って読んでみると。そうか、昔は元旦はかならず新月だったわけだから、なるほどですね。

Celestial〜天のお知らせ_e0115301_17165737.jpg「しぶんぎざ?」一瞬読みまちがいかと思ったら 四分儀座、Quadrans Muralis という星座でした。ちなみに、「ろくぶんぎざ」とか「はちぶんぎざ」などもあるそうです。





そしてこの元旦の満月を、石井ゆかりさんによみといて頂くと
ーーーーーーーー

さらに。
今週のメインイベントは、やはり元旦です。
元旦はまあ、ほっておいても1年で一番ハデな日なわけですが
2010年1月1日は特にすごい。
なんつってもあなた
蟹座の満月っていうかむしろ月食
で始まるのです。
蟹座の支配星は、なにをかくそう、「月」です。
さらに、リリス(月の軌道の最遠点)が水瓶座にあるので、相当地球に近い、デカイ満月です。
パワフル。
満月は文字通り、なにかが「満ちる」タイミング、とされています。
そして、山羊座では水星が逆行しています。
元日というと「1年のスタート」の感じがあるのですが、
今回はどうも、
「過去のまとめ」
みたいなイメージがある配置で
その「まとめ」感がものすごく勢いがあるんです。
ちょっとフライングで先のことを言っちゃうんですが、
水星が順行になるのが15日で、木星が魚座入りするのが18日、そして新月が15日なんです。
14日に土星逆行開始、18日は金星も動くな。
つまり、
「うおー!!!2010年がはじまったぜちくしょーー!!!」的なフレッシュな盛り上がりは
1月の14日から18日くらいのところに置かれているわけです。
こう書くと、なんか「過去を引きずった元日」みたいでちょっと
むおーんとしちゃうのですが
なんというか、あれです、
年明けって、お休みがありますし、片付けものしたり、近所を歩いたり、実家に帰ったり、
どっちかというと「振り返る」ようなことが多いと思うんです。
年末の劇的多忙さを抜けて、ほっとひといきついて、
改めて自分の周囲や今までの経緯を見直す
という感じがあると思うんですよ。
なので、わりとこの配置は、正月の気分に合ってるようなきがするわけですね。

ーーーーーーーー

詳しくは全体の空模様
この一週間程様々な出来事や関わりがあって、まるで一つ旅をしてきたような気分です。忙しかったり考えすぎで軸がぶれ始めていた時に、ふとしたきっかけで戻ることができた。そんな体験もありました。

それは先日、購入した商品の問い合わせをしようと、ある初めての所にお電話をした時のこと。短い時間だったのですが、ご夫婦でとても心のこもった説明と応対をして下さいました。その時、私の中のぶれ始めていた軸が、戻る道標を見つけた感覚がしたのです。そして、「まごごろ」という言葉がふとわいてきたのでした。それも心の中から、ぽんと飛び出してきた感じで。そうか「真心(まごころ)」か、忘れてしまってたなとつぶやく私。

まごころの光の日_e0115301_1465443.jpg暗くなりかけた道に、ふと射込んできた灯りのようでもありました。自分のしている仕事や人との関わりの中で、ただ正直に誠実にある。人に対してもそして自分に対しても。それが結局は一番強く確かなことなのだと、初めてお電話を通してお話をしたお二人に、教えて頂いたレッスンでした。

誰もがいつも軸が通ってアラインメントした状態にはいられなくても、お互いに思い出させてくれる関わりあいがあれば、それでよいのだなと思います。みんないつもまっすぐで何も動きがないよりも、その時にまっすぐな人が気づきの灯台になって、又別の時には役割が変化していく。そういう風に波のように動いていく関わり合いが好きだなとも思います。

そして気がつくと、季節柄真心のこもった贈り物を頂いたり、お手紙やお電話やお会いする中で実はたくさんの真心に囲まれていたのだということに、今さらながら気づいた今年の12月25日でした。

去年もそうでしたが、クリスマスという日が今までのものから変わりつつあるのを今年も感じたのですが、年末の忙しくなる時期に、まごころに気づく1日があるのも良いかなと思っています。世界が光に満ちる日でもありますし、真心というのも光でしょうから。それに笑顔を加えて、ますます光輝かせていきたい2010年です。

Happy Ma-gokoro and Light day!
ティーカウンセリングを通して、ありがたい学びをさせて頂く毎日です。

お申し込みの際にテーマを伺って、そのテーマで私がお役にたてるのか、お受けして大丈夫か?と、時々自分に問いかけてみる時もあります。でも来て下さる方はご縁のある方なのだからと信じると、その通りのことがおきていきます。どんなテーマでお話していても、テーマは糸口でその糸をたどった先には、ある共通の光が見えてくるのを体験しています。そういう事があると、これはできないと決めてかからない方がよいのだなと、制限をはずして一歩前に進めたり。ゆっくり一歩一歩道を歩くことが、道になっていってる今日このごろです。

未来の可能性が足元から花開く_e0115301_1384675.jpg


(もののけ姫のシーンです。You Tube にUPできないので
VIDEOはこちらからご覧下さい。

どんな事も未知の分野に足を踏み出すのは不安や恐れを感じますが、信頼することでおきてくる現実の方が、はるかに素晴らしく手ごたえがあるし、最初から見晴らしの良いわかりきった道を歩むより、未来の可能性が足元から花開く、自分でつくる道の方がおもしろい!と思えるようになっています。

今日届いたメールの中で、「未来の不安はマインドの幻想」と書いてらした方がいて、すごい!と頭をピシャリとやられた気分でした。幻想に振り回されないで、現実におきていくことをありのままに見て体験していく。それをサポートするエネルギーは確かにやってきていると感じています。

冬至まで後数日、落ち込みやすくなる時期ではありますが、光とそれを分ちあうつながりはこの世界に強く確かに存在しています。手をのばしてみたら、きっとあなたへとつながっている手が感じられるはず。

2009年、素敵な冬至を迎えられますように!
今日は東京の瞑想会。新しい人が新しい風をいれて下さったり、夏から毎月お会いしているみなさんのさらなる変身ぶりに目をみはったりの一日でした。右隣のメッセージにもあるように、ほんとに一日一日でどんどん新しくなっていってる感じです。昨日の自分が、もう今日にはアップデートされているのを感じたり。今まであたり前に使っていた言葉が、自分の話そうとしている文脈の中におさまらない感覚を感じたり。ということがありました。今日もシェアをしながら気づいたことがたくさんあって、それが休憩中のお茶の時間から終わってからのお食事タイムまでずっと続いていました。こうして月に一回お会いしていく事で、周りのみなさんを通した自分自身の変化にも気づくことができてありがたいです。中々自分で自分の事は気づきにくかったりしますものね。

先月フリントが話していたように、11:11は個人の真実を見いだし、12:12ではそれをどう周りとつなげていくかを見いだしていく。まさにその通りのことがおきていった一ヶ月でした。

先日のブログの表現にも出てきていましたが、ーーー12月12日。自分の中で新たな「決める」ということがおきてきた。それは先月決めたことをはめこむ「背景」が決まってくる、という感じだった。ーーー

この、決めたことをはめこむ「背景」という言葉を使った意味が、今日シェアする中でわかっていったのでした。

今までだと先に「社会」があって、例えば仕事を決めようとする時には、社会の中に既にある何らかの「職業」に自分をあてはめていく。というのが通常でした。(そういう仕事の決め方から離れて、もう長くなってしまいましたが)今回の11:11〜12:12の流れでは、まず個人の真実(点)を決めてそこからつながりを広げていこうとする時に、その広がっていく先(面)は、既にある「社会」という言葉で言い表されている面ではない。ということが今日シェアする中で私のなかから浮き彫りになってきたのでした。

そしてもう一つ「コミュニティという言葉とも違う、新しい言葉を探しているのですよね〜」と話している自分の言葉を聴き驚いていたのですが、「コミュニティ」という言葉も、私のなかではアップグレードする必要のある言葉なのだということに気づいたのでした。

今書きながらゆっくり考えてみると、今までの自分の中の「コミュニティ」のイメージは、まあるいわくがあってその中に人が入ってくる。一種閉じられた空間のイメージがあったように思います。どうもこれからしていきたいことはそうではなくて、もっと個人が独立していて、それが個を尊重しながらつながりあってるネットワーク。そのつながり方次第で、その時や状況次第でいかようにも形が変わっていける開かれた空間、そのようなイメージに変わりつつあります。

これからは、同じ言葉を使っていても昨日使っていた時とは違うニュアンスで使っていたりすることもおきてくるでしょうし、常に自分の感覚にしたがって、言葉にしばられてしまわないようにしたいなと思っています。

今月に入ってから、次の日に何がおきるかわからない、朝起きて連絡をとりあう中でその日の動きが決まっていく、という動きがますます当たり前になってきています。明日も、それがどうなっていくかは宇宙におまかせという嬉しい出来事がまっているので、今日は早く寝てスタンバイいたしましょ。
意識的な選択ということを考えていたら、フリントがこんなメッセージを紹介してくれました。
わかりやすい英語でしたので、勢いよく訳させて頂きました。

Choices During Humanity's 11th Hour
Council of 12 through Selacia - December 2009
© www.selacia.com

As you move through your ascension process you will naturally make different choices than before. These will be higher consciousness choices that come from holding more light. These new choices will often nullify earlier choices you made. This is appropriate because you are now wiser. The key here is to continually update your view of who you think you are, and your view of what you think "should' happen next. This is vital to your being able to make the highest choices in the present.

アセンションのプロセスを移行していくにつれて、あなたは自然に以前とは違う選択をするでしょう。その選択はより光を携えた、より高い意識的な選択になるでしょう。これらの新しい選択は多くの場合、あなたが以前にした選択を無効にします。このことは適切なことなのです。なぜならあなたは今や以前より賢明なのですから。あなたが自分が誰であるかと考えている見方や、次に何が起きる「べき」と考えている見方を継続して新しくしていくことが、ここで鍵となるのです。この事は、現在において最も高い選択をすることを可能にする為に必要不可欠なのです。

nullify 無効にする。

Oftentimes people feel like they have no choice in what happens. This of course is an illusion for you are always at choice at some level. The challenge is the ego and subconscious mind. You could consciously say to yourself that you will do something, or that you want something. Yet another part of you -- the subconscious really running the show -- is choosing something else! This is quite a dilemma. The key is to work with your DNA and subconscious so that your mind works for you, not against you.

何が起きるかにおいて、人々は自分には選択の余地はないかのように感じることがよくあります。これはもちろん幻想であり、いくつものレベルであなたには常に選択することができるのですから。チャレンジなことは、エゴと潜在意識なのです。あなたは意識して、このことをするとかこれがほしいとか言うことができます。けれどもあなたの他の部分ー潜在意識がまさに事を取り仕切ってしまうのですーが、何か他のことを選んでいるのです。これは本当にジレンマです。DNAと潜在意識と共に働きかけることが鍵となります。そうすることでマインドをあなたに反してではなく、あなたの為に働かせることができるようになります。

run the show 事を取り仕切る
dilemma ジレンマ

Did you know that there's no such thing as being lucky? You can feel lucky of course. But luck is not the word to describe the outcomes of conscious creation! There really are no random events, no accidental meetings, no chance encounters. You are a master creator in each moment and the energies you created yesterday (including past lives!) will set in motion what happens next. Feel grateful for the good.

「ラッキーである」なんてことはないって知ってましたか?もちろんラッキーと感じることはできます。けれども幸運というのは、意識的な創造の結果を言い表す言葉ではありません。ランダムな出来事や偶然の出会い、めぐりあわせの遭遇なんてないのです。あなたはどの瞬間にもマスタークリエイター(創造者)なのです。そして過去生も含めて、あなたが昨日創造したエネルギーは次におきることを始動させるのです。よきことへの感謝を感じていて下さい。

On some days you may feel lucky. On other days you may feel unlucky. Learn to have a larger view of these opposites. Discover how to find a balance and a neutral view of what is happening. When you get into the habit of labeling happenstance as good or bad, you are always at the mercy of your last label.

ある日にはあなたはラッキーであると感じるかもしれません。又別の日には運がなかったと感じるかも。これらの正反対な事へのより広い視点を持つ事を学んでみて下さい。起きていることへのバランスのとれた中立的な視点をいかに見つけられるか発見してみて下さい。偶然の出来事を良いか悪いかとラベルづけする習慣に陥いった時は、常に最後につけたラベルのなすがままになるのです。

happenstance 偶然の出来事
at the mercy of なすがまま

During the 2012 window changes your key to sanity and finding peace within is to grow out of your conditioned need for the drama often associated with good and bad. When you can learn to become comfortable with what is and really accept it at that moment, you will have more positive energy to create "good" moments and be less likely to create "bad" ones.

2012年の窓が変化する間に正気と内に平和をを保つ鍵は、良い悪いに関連づけられるドラマへの条件づけられた必要性から抜け出ていけるかにかかっています。おきていること自体、そしてその瞬間にそれを本当に受け入れることに心地よくなることを学ぶことができれば、「よい」瞬間を創造するポジティブなエネルギーをより多く持つことができ、悪い瞬間を創造することが少なくなります。

conditioned need 条件づけられた必要性
sanity 正気 健全さ

You live during the 11th hour of Earth's massive changes. Remember that you are an integral part of the changes. They are not something happening to you, but something that you and others create over time. For a long time, even before you were born, you were preparing to inhabit a brand new Earth. In this life, you are beginning to have a conscious vision of what that world will be.

地球の大規模な変化の直前の時間にあなたは生きています。あなたがその変化のなくてはならない一部なのだということを覚えていて下さい。その変化というのはあなたに対して、ただ起きている何かなのではなく、あなたと他の人達が時を越えて創造するものなのです。長い間あなたはあなたが生まれる前からも、まっさらの地球に住む準備をしてきたのです。今回の人生で、あなたはその世界がどのようなものなのかの意識的なビジョンを持ち始めてきました。

11th hour of 12時に事がおこるとしてその直前の時間
brand new まっさらの

Learning to create through conscious choice is vital now. You really know how to do it. The ability is encoded within your DNA.

意識的な選択を通しての創造を学ぶことは、今や不可欠なものです。あなたはどうやってそれをするのか、よく知っているのです。あなたのDNAにその能力は記号化されて記されているのです。

encoded 記号化されて記されている

Remember this as you move through the final days of this year and prepare for expanded energies in 2010. The energies you have been used to in the recent past are changing even now. Another phase of the acceleration is underway and much is going on behind the scenes. You are changing within these accelerated energies. Your shifting is occurring even during times when you feel like you are standing still!

今年の最後の日を移行していく時にはこれを覚えておいて下さい。そして2010年の拡大したエネルギーへの準備をしていて下さい。最近の過去においてあながた使ってきたエネルギーは、今でももう変化しつつあります。加速の次なる段階が進行中で、シーンの背後で多くのことが進んでいっています。これらの加速されたエネルギーの中であなたは変わりつつあります。自分ではじっとしてるような気がしている間にでも、変化は進行していっているのです。

standing still 静止している

Do you oftentimes feel like you're in waiting mode? Do you feel like "something" is about to happen, but you don't know what? Do you feel like you are waiting for whatever that is? Do not wait. Be your light now. Remember that you create what happens next. Make that creation something you will be proud of 300 years from now.

待ちのモードにいるような気がしているときがよくありませんか?何かがまさに起ころうとしていて、けれどもそれが何かわからない気がする時はありませんか?それが何であれ、待っていたい気がする時はありませんか。待たないで下さい。今あなたの光としてあって下さい。次におきることをあなたが創造しているということを覚えておいて下さい。今から300年にわたって誇れるような何かを創造してみて下さい。

oftentimes=often

Know that the great shift of these times is different than any other shift you have been through on Earth. Most likely, you have been here for other ones. Atlantis could be one of them. Don't focus on the past and worry that you will repeat past mistakes. Simply focus on the now and the light-filled future you want to create with the rest of humanity! Know that you are loved. You will succeed.

今回の変化は、あなたが今まで地球上で体験してきたどの変化とも違うということを知っていて下さい。あなたは別の時にもここにいた可能性が多いにあります。アトランティスがその中の一つだったかもしれません。過去に焦点をあわせ過去のあやまちを繰り返すことを心配しないで下さい。シンプルに今と他の人類達と共に創造したい光に満ちた将来に焦点を合わせて下さい。あなたは愛されているということを知っていて下さい。あなた方は成功します。

As you continue the journey of rediscovering your Divine nature, we surround you with our love and blessings. We are The Council of 12.

あなたがあなたの神性を再発見する旅を続けていく途上で、私達はあなたを愛と祝福で包みましょう。私達は12のカウンシルです。

Copyright © 2009 Selacia * All Rights Reserved

翻訳:Noriko Murakawa © awaken.cc
今日は曇り空なのに朝から洗濯モード。何故に?からだの中の洗濯が終わってきたので、身につけるものへ移ってきたのかしら。そしてこの調子で家の大掃除へと続けたい(希望)...。16日夜9時2分が新月なので、新月までに掃除をするとなると、後3〜4日か....とつぶやく私。月が欠けていく間に掃除をするとよい。というのを信じている私なのです。別に満ちていく時に掃除してもよいのですけどね。

そして洗濯と平行して、「選択」という言葉がテーマになっている昨日今日。意識的な選択について考えたり書いたり。11月11日に決めるということをして、周りの人もそのような流れになっていて。そして12月12日。自分の中で新たな「決める」ということがおきてきた。それは先月決めたことをはめこむ「背景」が決まってくる、という感じだった。

石井ゆかりさんの星読みの魚座(13日まで)のメッセージ

火にかけたシチューがどんどん、
濃く深く煮詰まってくる
という雰囲気のタイミングです。
狙ったとおりに煮詰まってくると、
幾つもの素材が出す味が複雑に絡み合い、
全体として一つの味に「決まって」きます。

今週はそんな「決まってくる感じ」があるかもしれません。
なにかをばっさり決断する、というよりは
全体が煮詰まってきて組み合わせがしっくりなじんできて、
「このあたりかな」という落としどころが
全体の中からにじみ出てくるのです。

献立はシチューだけでなく
サラダやパンの仕込みもあります。
一つのお皿に「全体」があり
さらにもうひとつ、それをくるみこむ世界としての「全体」があります。
今週は幾つもの「全体」について落としどころが定まり
それによって、いくつかの手順を
ざくりざくりと進めていくことができるのだろうと思います。

ーーーーーーーーーーー
これを読んだ時に、いつもながら「おそれいりました!」と感心することしきり。まさに、このような感じの「落としどころが定まる」感がありました。

個人として「決める」と、そこを中心として次に落としどころが全体の中からにじみ出てくる。

自分の意志を全面に出して「決める」時と、その決断が内にも外にも波紋として広がっていくのを見ながら、流れにまかせたり時には待ったりする時と、その波のリズムにのることの大切さを学んだひと月でした。

ところでこの「落としどころ」という言葉。日本的だなと感じるのですが、英語だとどうなるのだろう。the point where every thing can settle in with harmony as a whole 様々な要素が全体として調和を持って収まっていくポイント (ちょっと訳し過ぎだけど)。このポイントを決めるのは誰なのだろう? もっと宇宙的な意志が働いているのでしょうか。
冬至のレインボーライトメディテーション 他_e0115301_03209.jpg
<12月22日(火)レインボーライトメディテーション東京>
冬至のお祝いに虹の七色の光を浴びる

冬至のレインボーライトメディテーション 他_e0115301_03209.jpg

とてもたくさんのエネルギーが私達の周りをそして内側を通っている今、エネルギーの周波数への気づきは、大切なスキルになりつつあります。色の光にチューニングをあわせることは、あなたの共鳴の能力を磨く素晴らしい方法になります。冬至が明けていく日の特別なレゾナンスー共鳴のセッション、毎年この季節恒例の楽しい時間です。

冬至のレインボーライトメディテーション 他_e0115301_1618680.jpg人のオーラの基礎となっている、7つのスペクトラムカラーを体験します。特別な スライドから映し出される光を見て吸収することで、自分自身が再び中心に 戻るように、チューニングをあわせることができるようになります。その後、誘導による 色の癒しの内なる旅(瞑想)も行ないます。

食べ物や水、空気とは別に、色を必要としているという時があるのです。色には驚くべき効果があるのです。ポータル(扉)の日となる冬至に、気分が明るくなるエネルギーを楽しむ友人達との時間を過ごしにいらして下さい。カラフルな笑顔と共に!

時間:午後1時半から午後4時半
場所:杉並区阿佐ヶ谷産業商工会館
参加費:4000円
前日までにご予約下さい

今年の冬至は12月22日午前2時47分におこります。

<12月15日(火)12月東京瞑想会>
9:9:9〜11:11:11〜12:12:12の流れから、2010年にむけて

時間:午後1時から午後4時
参加費:3000円
場所:杉並区阿佐ヶ谷産業商工会館
終了後はお食事会を予定しています。

こちらもまだご予約受け付けております。

*東京のコズモロジー・ワークショップは、1月に延期させて頂きました。お申し込み頂いてる方々と相談しながら、ただ今日程を調整中です。

私達の銀河と宇宙で今何がおきているのか、そしてそれがどのように地球上の私達の意識に影響を与えているのか。コールマンのマヤの暦から人間の意識と暦について。フラワー・オブ・ライフ、アーキエンジェルマイケルの無限呼吸。内なるスピリットと再びつながる瞑想など。

これらの情報を知ることが、今ここに生きている私達にどのような影響があるのか、どう活かしていけばよいのか探求していきます。

お申し込みはこちらから
しばらく自分のからだのことで精一杯で、12:12に意識がむいてなかったのですが、今日から周りがぐ〜んと12:12にむけて進んでいってるような感じがいたします。その時々につながる人とつながっていき、何だか心があったかい良い感じです。

今朝は一番に奈良のサンタさんから贈り物が届き、嬉しい一日の始まりでした。そしてフリントが「24時間以内に〜さんから電話が入るよ」と言ってたら、やはり素敵な情報と共にその方から電話がかかるし。先日は、私がりんごしか食べてなかったのを知らないはずのクライアントさんが、さぞや重かったろうにたっぷりりんごを持ってきて下さった。からだが冷えていた時、何よりからだがあったまる「よもぎ」を送って下さる友人あり。うれし涙がぽろぽろ。

12:12 へむけて_e0115301_22521577.jpg


22日の冬至までは一年で光が一番弱くなる時期ですが、今年は人の心の中の光が、いつもにもましてあたたかく明るく感じられるような気がします。といってもみんなが無理にがんばって、油を注いで明かりを灯しているという感じではなくて、さりげない「思いやり」の光がお互いを照らし合っている。これからの世界に灯す光は大きな一つの光ではなく、小さい光が共鳴して増幅して広がっていく光なのだなと、12月12日を迎えるにあたって思い巡らす夜でした。

心の中の光を見失った時
あなたの笑顔が、その輝きを思い出させてくれた。

あなたは、あなたの光で私を包むのではなく
私の中の内なる光を見いだすように導いてくれた。

それがどれだけ貴重なことだったかということに
何年もたってから気がついた。

冬至の前になるといつも思う。
私も、そういう人になりたいと。

When I lost the light within my heart,
Your smile reminded me of that radiance.

You guided me to find my inner light within,
Instead of enfolding me in your light.

Years later I realized how precious this experience was for me.

Every year just before the Winter Solstice day,
I always remember my wish to be more like you.

Noriko Murakawa 2009.12.8
この5日間、からだの大掃除期間でした。りんご、大根、お味噌、豆腐、おうどん、白いごはんに梅干しとお海苔....など、からだに聴きながらゆっくりたべたいものを食べる毎日でした。昨日はふと「炊き込みご飯」が食べたくなったので、にんじん、ごぼう、シーチキン、その他で作ってみたらからだが喜ぶおいしさ。そろそろ大丈夫かな。食べるもので自分の身体の復活度がわかる私です。この時期からだが根菜を欲しがるのだなと、感心したり。でも油っこいものは全然食べたくないです。よく考えればコロッケとか天ぷらとか、こってりしたものが大好きな私なので、かなりの油抜きをしているような感じです。

食は薬_e0115301_2120209.jpg


私の浄化期間と同じくして、ヒーリングのご依頼やご相談が続き、大変な時期を過ごしてられる方も多いようです。今日はようやくフリントの時間がとれたので、私も家にいながら遠隔ヒーリングを受けました。弱っている内蔵を一つ一つ丁寧にヒーリングしてもらいお陰様でからだの方も整ってきました。と同時に、このからだの状態を創りだす心のパターンにも気づかされ、心と病についての自分の根本的な信念を見た思いでした。

遠隔ヒーリングの後は、セッションの報告と食生活や心理的な事その他、それぞれの方の必要に応じたアドバイスをメールやお電話でします。からだの症状にどう向きあうかというメッセージなどは、フリントの英語を訳しながら自分の心にも直接響いて、まさに身をもってヒーリングの実習をしている毎日です。

いつも思うのです、普段からもっとゆったりからだの声を聴いて、からだに優しくしようと。今まではその思いが足りなかったのか、どうしても外側のことを優先してしまい、後になって反省するパターンが多かったです。からだや心には波があり、弱い時強い時があるのも自然とも思いつつ、来年は(というかもう今日から)自分のからだに愛を、健康に責任を持とうと誓っております。

これから12月12日、22日の冬至、1月1日の満月と節目が続いていきます。お元気な方はますますお元気に、少し弱ってるなと思われる方はどうぞ早めにケアをなさって下さい。助けが必要な時は、いつでもご連絡下さい。急なご依頼やご相談でも遠慮なく。ご家族の方への遠隔やセッションも、状況に応じて対応させて頂いております。

この12月そして新しい年にむけて、からだや心の底から真実に健康であること。自分自身もそして世界中のみなさまも、そうありますように。
満月の後だからか、からだの中からいらないものが出ていってる感じです。今日はひたすらりんごを食べ、あたたかいオートミールでからだをあたためていました。こういう時は、何を食べたいのかからだが伝えてきてくれます。いつもはついつい「目で食べてしまっている」食いしん坊万歳の私ですので、しっかりからだの声を聴く日になりました。

ハーブで足浴_e0115301_201483.jpg


そして足先が冷えるので、久しぶりに足浴をしてみたらなんとも気持ちのよいこと。私は足浴のお湯には、ハーブをいれるのが好きです。昔勤めていたアンフィニ(鍼灸院さん)でアロマのマッサージをしていた時に、クライアントさんとお話しながらハーブを選んでいれることをしていました。ハーブのガラス瓶がところせましと並ぶクリニックで、いつもうっとりハーブを眺めていたことを思いだします。

足浴する時は、ハーブに熱湯を注ぎハーブティーで飲むより濃いめに抽出し、それを足をつけるお湯をはったものに注ぎいれるのが良いようです。そしてもちろんハーブそのものも、ぱらぱらとお湯に浮かべてハーブな気分を。私はリンデン(菩提樹)の葉やオレンジフラワーが好きでした。バラの花弁やつぼみも優雅でよいですね。うっとり〜

伊勢ではハーブスわきやまさんで、いつもハーブを頂いて帰ります。通販もしてらっしゃるようですので、どうぞご覧下さい。天使のお茶シリーズも魅力的です。

寒い季節、元気な時には忘れていたハーブのありがたさを、身にしみて感じる雨の日でした。
←menu