英語のバイエル〜カード

じゃ〜ん!
英語のバイエル、暗記用カード作りましたよ〜。
さすがに200文は、かなりの厚みですね。

ろうそくの光は、英語への希望の光ということで...。
e0115301_19225530.jpg

カッターで切って、我が家は穴あけスタンプがないので、
DIY用のドリルで、ギュイ〜ンと穴をあけてもらいました。
結構時間がかかったけれど、勉強する為の道具を作るなんて、
中学生に戻ったような気分で、心が踊りました。
いくつになっても、こういう気持ちを味わえるのはよいものです。

英語のバイエルご存知ない方は、こちらをご覧下さい。

英語の生徒さん達も、早速手にいれられていて、
24日のサイン会に行ってこられた方も何人かいらして
その熱意に、私の方が頑張らねばと思ったのでした。

CDを聞きながら、発音やリズム&イントネーションも
身につきますので、いたれりつくせりです。
私がCDを聞いていたら、フリントが
「その声の女性は、絶対カナダ人に違いない!」
というので、調べてみたら本当にそうでした。

女性の声はキャロリン・ミラーさんというカナダ人で
フリントも大絶賛の英語の素晴らしさです。
(早速彼は、キャロリンさんに激励のメールを送っていました。)

マクベイ先生のブリティッシュ・イングリッシュも
ブリティッシュだけれども聞きやすいですし、何より
お二人とも感情の動きが、言葉にのっているのが
とてもわかりやすいです。

ある程度の英語が話せる方には、必要ないかもしれませんが
中級・上級が出るのを待たれてもいいと思いますが、
シンプルな英語の文章で、音楽を聞くように
英語のリズムを、身につけておかれるのも、
よいのではと思います。

もちろん、これから「言いたいことを英語で話すぞおっ〜」
と思われてる方には、おすすめの教材です。

バイエル応援団が、11月1日からオープンのようですが
アウェイクニングイングリッシュも、私的な「英語応援団」
をつくる準備をすすめております。お楽しみに〜。
[PR]
by awakeningarts | 2008-10-07 19:25 | 英語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://arcturians.exblog.jp/tb/8723884
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
←menu