Don't throw the baby out with the bath water.

ひとつ下の日記に出てくる、ことわざは
英語ではこうなりますね。

Don't throw the baby out with the bath water.
盥(たらい)の水と一緒に、赤子まで流すべからず。

ちなみに説明は、このように書いてありました。
In getting rid of waste, don't also discard what is worth keeping.
(不要なものを処分する時に、残しておく価値のあるものまで捨てたらだめですよ)

そうすると、その選別(どれが赤ちゃんなのか、汚い水なのか)が大切になるわけですね。
押し入れのものを整理する時と同じで、迷い出したら捨てられないので
勢いで捨てちゃったりしますから。

今こうして、このテーマについて思いめぐらせているのも
誕生日を目前に、何かクリアーにすべきことがあるのか。
もしかして、流してしまった水をもう一度見なさいってことかしら。

e0115301_13272079.jpg
[PR]
by awakeningarts | 2008-03-14 13:27 | 法子ブログ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://arcturians.exblog.jp/tb/7511886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
←menu