人気ブログランキング |

ビジョンクエスト再び

ビジョンクエスト再び_e0115301_0365390.jpg


10月5日は新月ですね。
我々は予定が又のびて、5日に大阪へ移動します。

上高地から帰ってから、ビジョンクエストの話をする機会が多いこの頃です。

「ビジョンクエストは、以前は自然の中で飲まず食わずで瞑想してビジョンを受け取るものだったけど、私達はちゃんと寝るところもあるし食事もとりますからね」と、皆さんを心配させないように説明してきたのですが、今回は意外な反応が返ってきています。

「その飲まず食わずの方(ディープな方)でやってみたい!という方が
何人かいらして、私やフリントの方が「ええっ〜」と思ったのでした。

皆さんそれだけ真剣!ってことでしょうか。

もちろんどんな形でも、その方にあった無理のない形が良いと私は思っておりますが、冒険者の道を選ぶ方のお手伝いもしたいなとも思い、私も実はやってみたいなとも思うようになりました。

飲まず食わずというのも、ほどほどにですけどね。

以前女神山でビジョンクエストをした時は、リトリートには参加できない方々の為に、東京で2日間にわけてインナービジョンクエストを行ったのですが、今年もその形でのご希望もあります。どうしても宿泊してのリトリートが無理な方もいらっしゃいますので。

2013年ビジョンクエスト、季節の良い秋の間に、ご希望に沿った形で再び行おうと思っています。

まずはnikoniko@gol.comまで、お問い合わせ下さい。

インナービジョン・クエストの詳細はこちらへ
by awakeningarts | 2013-10-04 00:34 | ビジョンクエスト | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://arcturians.exblog.jp/tb/21152587
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kanaloa at 2013-10-04 22:02 x
ビジョンクエストの話が出ていたので、続いて書き込んでいます。

ディープなビジョンクエストのリクエストがあるようですね。

10数年前に行った、ディープな聖地探訪は、いかがでしょうか?(笑)
道なき(未知の)道を、(ただ直感だけで進む)聖地へ歩んでいく、ある意味ディープな聖地ツアーでしたが。。(爆(

興味のある方がおられたら、再開してもいいかな?
と感じている、新月の前夜です。


Commented by awakeningarts at 2013-10-05 01:05
>10数年前に行った、ディープな聖地探訪

もしかしてあの「山」でしょうか?
あの時は「よじ登る」という感じだったのを
鮮明に覚えています〜。

又はあそこかな〜とか考えながら、
カナロアさんの「聖地ツアー」のメモリーを
蘇らせています。

あと、比較的最近でしたが
春日山の原生林も、よかったなあと思いだしています。
Commented by kanaloa at 2013-10-07 21:52 x
あの『山』でしたね。

昨日、久々に春日大社の奥宮への参道を歩いていると、
突然、何かが飛び出して、走り出しました。

そう、鹿でした。
でも、あれ程ジャンプして森の奥に走り去る姿は、
始めて見た気がします。正に野生の証明のようでした。

またいつか、春日山の原始林にも行きたいですね。


Commented by awakeningarts at 2013-10-09 20:30
>ジャンプして森の奥に走り去る鹿

映画のワンシーンのように眼に浮かびます。
野生の証明、森への誘い...
素晴らしい何かのオーメンのような気もいたします。

やはり自然の中にいると、そういうシーンに遭遇できてよいですね。秋の奈良、魅力的です。

また、メールにて連絡いたしまーす。
Commented by awakeningarts at 2015-01-10 11:58
今、又ビジョンクエストが気になり、このブログを読んでいました。飲まず食わずにこだわってる自分がおかしいなと、ちょっと笑いながら...。
自然の中に入ると、自然に感じ方が変わるあの感覚がなつかしいです。深い自然の中で、今年はリトリートやりたいなと思います。
Commented by awakeningarts at 2019-12-20 10:30
「何のために飲まず食わずで行ったのか、」という事ですよね。Effectiveness is the measure of truth. 効果こそが真実をはかる物指しである。その時のその人に相応しいやり方で+クウ/イネイトと顕在意識にインパクトがある事が大事なように思います。2020年に向けてやりたいなあ〜。
←menu