やりたいからやる

「何に動かされてこのことをしているのか」

7日のシンクロ瞑想用の音声をずっと編集していたので、
このテーマやビジョンについて、考える日々でした。

そうしたら今日は、ほぼ日の今日のダーリンとも
シンクロしていました。
-----------

しかし、スコップ団のおもしろいところは、
 まったく「ごほうび」と「お礼」がないことです。
 これは、震災以来のいろいろな場面で、
 あらためてよくわかったことなのですが、
 「ごほうび」や「お礼」がないと知っててやることが、
 「なんのためになにをするか」を
 明確にしてくれる、んですよね。

 「やりたいから、やる」「やろうと思うから、やる」。
 「ごほうび」や「お礼」があるからやるのではない。
 こういう「無言の関係」って、
 すごく親しい者どうしではあったけど、
 知らない人たちとの間では、なかなかなかったものです。
 
 『スコップ団』の場合だったら、
 お礼を言われたりする前に、逃げるように撤収です。
 だから、「やるやらない」はじぶんで決めるだけ。
 だけど「勝手に行く」という人が、やっています。
 
 ぼくは「ありがとう」を言ったり言われたりするのは、
 もともとは大好きなのですが、
 誰から誰へもあいまいな「沈黙のありがとう」が、
 交換されている場面も、好きみたいです。
 「ごほうび」や「お礼」が、なまじあったら、
 もっと欲しくなるかもしれない。
 でも、もともとないんだから、
 やりたきゃやるんだよ‥‥それだけだ。
 うむ。これは、かなり「おとなのやること」だなぁと。
 いいぞいいぞこれも、と、思ったのでした。
-----------

The Light That Moves You

このテーマは去年から続いているもので、その時にシェアしていることを聞くと
1年たった今、その時越えたかったことをこえられている自分に気づきます。

「やりたいから、やる」と思えるようになってきているって
幸せなことなのですね。

今回初めての試みで、日本のあちこちの方と同時に瞑想をします。

1時間半の話の中には、ビジョン、人生の脚本を描きなおす、波形をととのえる、自分の価値を認める、マヤの暦やグリッド、スピリチュアルアウェイクニング、と今までのAWAKENでとりあげたテーマが幕の内弁当のように、つまっています。

昨年の11月にお話しした内容なのですが、今まさにぴったりの内容なのでとりあげてみました。

意識的創造の第7の日を迎える前に、あらためて自分のビジョンを決める時と感じてられるかたにおすすめです。

通常のe-Learningとしても、お申込みいただけます。

時空を越えて、出会っていきましょう。
[PR]
by awakeningarts | 2011-10-04 23:56 | e-Learning | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://arcturians.exblog.jp/tb/15728821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
←menu