おまじないは効く!

今日出かける前にお裁縫をしていて、終わったので針をどこかにさした...つもりが、どれだけさがしても見つからない。他のものならいざしらず、針が出てこないなんて危ないではないか〜。とあせって着ていた服やら髪の毛やら、あらゆるところを探しても出てこない。出発の時間はせまってくる。...と、ふと「こういう時には、必ずおまじないがあるはず!」という気がして、インターネットで調べてみたら、やっぱりありました。

「清水や 音羽の滝は 絶ゆるとも 失せたる針の 無きことはなし」

母か祖母が唱えてたのを覚えていたのか、それも定かではないのだけれど。とにかくこのお唱えを3回してとりあえず出かけたのでした。

そして帰ってきて、いつもの椅子に座ったら。「がりっ」という音がして、椅子の下から「針」が出てきた。よかった〜。おまじないがきいた。

好きなのです、こういう出来事が。日常にほんのり色が添えられて。

おまじないが何故きくのか?
「音羽の滝〜」のように、歌やお唱えごとにすることで、見つからなかったらどうしようなどの不安を通りこえて、潜在意識に直接はたらきかけるから効くらしいです。

私もはじめは潜在意識(KU)に、針のあるところを教えて下さい!とお願いしていたのだけれど、どうしても頭で考えて、ここにさしたからこのあたりにあるはずだという理屈が邪魔して、おまけにあせってたので潜在意識の声が聞けなくなってたのですよね。

そういう時は、頭をこえられる「おまじない」を活用する!昔の人の智慧ですね。
ちなみに京都に住んでいた時に、どうしてもほどけないひもを、大家さんのおばあちゃんが
「わしゃわしゃ、なんたらかんたら」と口の中で唱えていて、ほんとにほどけたのを何度か目撃しましたよ。

どんなにあせった時も心を落ち着かせることができたら、潜在意識の声がすなおに聞けて、おまじないはいらないのですけどね。
でも、こういう昔ながらのおまじないって結構好きだなあ。
[PR]
by awakeningarts | 2009-06-18 23:18 | 法子ブログ | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://arcturians.exblog.jp/tb/10457569
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by awakeningarts at 2009-08-17 11:27
ひも(糸)をほどくときのおまじないは、こうだそうです。
「しゃしゃもしゃしゃ、
 しゃしゃものなかにしゃもしゃもと。
 しゃしゃもしゃしゃもしゃ、
 しゃしゃもなりけり」

もう一つ、
次の日に起きたい時間に必ず起きたい場合、
「願わくば思い起こせよ枕神(まくらがみ)」
と言って、起きたい時間の数だけ枕をたたく。

で、それからは一言もしゃべっちゃいけない。
←menu