e0115301_23360642.jpeg
*日程は8月25日(土)に変更になりました。

今日は8月8日、大阪はようやく涼しさが感じられるようになりました。
この夏は6月の地震から始まり、豪雨、台風、猛暑、そしてモラセスやるつぼやらとチャレンジングな夏でしたが、「元気プロジェクト」のお陰もあって、大変な中でも元気に過ごせているように思います。

皆様それぞれの場所で、どのような夏を過ごしておられるでしょうか。

しばらくお会いしてない皆様ともお会いできたらなと思い、大阪で夏のパーティーを企画しました。

大阪 サマーギャザリング@天保山/大阪港

8月の満月、そして次の日には火星も順行に戻る日の前日。
大阪港の天保山ハーバービレッジにて、
海の風を感じながら、夏を乗り切ったお祝いをしようと思います。
"Yes, We Made It!" 私達やったね!と乾杯しましょう。

ハーバービレッジの「ダイヤモンドポイント」と呼ばれる中央突堤にて、
「古いパターンにさようならする」ハワイのシャーマニックな儀式も行います。

大体の時間の流れです。
参加される方は、どの時間に来られるかお知らせください。
詳しい場所をお知らせいたします。

日時:8月25日(土)満月前夜

第一部:午後3時〜5時
場所:ハーバービレッジ近くのカフェにて

第二部:午後5時〜6時
場所:シャーマニックな儀式@ダイヤモンドポイント

第三部:午後6時〜8時半頃
場所:ハーバービレッジ「がんこ」予定
(席を予約しますので、お早めにご連絡ください。)

参加費は無料です。飲食代を各自お支払いください。

天保山ハーバービレッジHP
(大阪メトロ中央線「大阪港」駅より徒歩5分です)

東京は9月初旬を予定しています。関東の皆様ともお集まりができたらなと思っています。

涼しくなり始めた頃も、お身体の声を聴いて、元気の源とつながってお過ごしくださいませ!

[PR]
e0115301_21544225.jpg

8月に入り、魂の移行のワークのご依頼が続くようになりました。

それも急に旅立たれた方のセッションではなく、昨年や数年前に旅立たれた方が、今あちらでどうされてるか気になって、というご相談が多く、8月ならではという感じがいたします。

7月はペットのヒーリングが重なる月でしたし、若い方のボディーワークが続く時、久しぶりの方から重ねて連絡がある時、同時期に似たご依頼が重なるのでいつも興味深いなと思います。

魂の移行のワークは、その方の様々な情報をお伺いした上で始めるので色々と準備が必要でもあり、又終了後のレポートも長くなるので、鉢巻しめて頑張る感じです。

魂の移行のワークの詳細は、お問い合わせ頂いた方に個別にお送りする形をとっております。

お問い合わせはnikoniko@gol.com まで、ご連絡くださいませ。

こちらでの人生も人それぞれなように、向こうに渡られてからもそれぞれ違った旅をされている様子は、毎回感動いたします。






[PR]
e0115301_20171087.jpg

という映画が日本全国でこの夏から秋にかけて上映されるようですが、大阪ではなんとご近所の九条で8月末から上映が始まるようです。外に映画を見にいくことは最近すっかりなくなりましたが、これは見にいこうかと思っています。

縄文にハマる人々


[PR]
e0115301_13311031.png
いつも読んでるほぼ日さんで、東京国立博物館で開催されている特別展縄文―1万年の美の鼓動がお勧めされていました。

もちろん展示も興味深いのですが、上のトーハクビアナイト(本館前庭がビアガーデンになるそうです。)にも惹かれます。7月27日(金)28日(土)8月3日(金)4日(土)のみのようなので、私は行けないのですが、お近くの皆様よろしければご参考までに。

火焰型土器紙コップでビールが飲めたり、「祈る土偶ちゃん折り紙」なんてのもあるそうです。

土偶さんがビール運んできてくれたら、すっごい嬉しいだろううなあ、色々話し聞きたいなあ。と、

暑い日が続き外に出る機会が減る中、行きたいところを夢見る毎日です。




[PR]
e0115301_22063706.jpg
<7月大阪・セルフヒーリング第二回>

*日程は7月30日(月)に変更になっています。
*元気プロジェクトは、期間中いつでも始められます。
 
古代の教えフナを基礎に、最近のヒーリングや意識の進化の話と共に、
ヒーリングの実習や瞑想を行います。

第二回

•身体についての新たな見方〜アセンション
•自分の身体に指揮をとる
•信念や態度がどのように身体に影響を及ぼすか
•中毒や習慣
•セルフヒーリング実践
•宿題/日常生活での実践のシェア
•瞑想~色による浄化とヒーリング
•若さを保つ運動 など予定

日時:7月30日(月)午後1時15分から午後4時45分
場所:ライシーアム 2階和室 ー大阪メトロ「朝潮橋」駅より徒歩7分
参加費:5.000円

6月セルフヒーリング第一回からの続きの内容となります。
第二回から参加される方は、第一回の内容をe-Learningで聞いて頂く事ができます。
2018夏の元気プロジェクトの内容です

<セルフヒーリング第一回 e-Learning >

・2018年前半の流れ。惑星の逆行とマインドや感情への影響
・火星の逆行と身体的影響、この夏に起きるだろうこと
・自分の健康に責任の感覚を持つこと
・中毒、被害者意識、身体と思考、信念について
・身体に指揮をとる
・ハイヤーセルフとの新しい関わり
・三つの自己  ロウセルフ(身体の意識)とヒーリング

*エクセサイズ
・自然の7元素、自然との共鳴実習
・緊張と感情についての実習
・軽い怪我をした時のフナのヒーリング例とそのメカニズム
・頭痛を癒すエクセサイズ

*より深いレベルのイマジネーションを使い、身体に影響を与える
瞑想1~緊張の解放、内蔵のヒーリング、オーラの浄化、自然の元素をとりいれる
瞑想2~水の流れによるエネルギーのクリアリング

*おすすめの食べ物、飲み物
*日常生活での実践ー宿題

参加費:5.000円(当日参加された方は2500円)
瞑想を含む2時間半の音声と補足の説明/図をお送りします。
この回のe-Learning のみのご参加もどうぞ。

セルフヒーリングでこの夏を元気に過ごされますように。

Dark clouds are things that pass; the blue heavens abide always.

暗い雲は通り過ぎていくもの。雲の上には、常に青空があります。

Feel Your Spirit!

フリントより


上の写真はとらやさんの夏のお菓子です175.png


[PR]
e0115301_23511085.jpeg
7月27日(日本時間28日)の太陽系の8惑星の配置。
真ん中の太陽から、すい、きん、ち、か、もく、ど、てん、かい。
と歌いながら確認してみてください177.png
(地球と火星の間は月があります。)
日本時間28日朝5時20分ー満月/皆既月食ですね。

e0115301_23511610.jpeg
7月31日は火星が地球最接近

この時期、惑星8つ全てが片側半分に集まっているのも珍しいのだそうです。

[PR]
e0115301_16383503.jpge0115301_16383852.jpg









「イマジネーションの力を通して変化を創りだす」というワークショップでは、自分の「内なる庭」を変化させて、現実の生活に起きる変化を見るという事をします。

例えば自分の庭を観察してみたら、からからに乾いた畑があったので、そこにたっぷりと水をあげて土を潤すと、現実世界で豊かさがやってくる。というような流れです。

この場合は、変化が現れるのを待つ必要があるのですが、今回の「イメージを使ったセルフヒーリング」は、実際に瞑想している時から身体に痛みが走ったかと思うとふっと筋肉がゆるんだり、身体の他の箇所が「こっちもやって!」といってきたり、効果や変化が直接体感できるので面白いです。

今までもやってはいたのですが、今回期間を決めて規律を持ってやり、しっかりと記録もつけると、書きながらより気づきも出てきてなるほどと思わされます。

やっている中で何もかもがうまくいくわけではなく、瞑想中に「うっ、困ったな」という時があったり、「こういう場合はどうしたらいいんだろう?」という疑問もわいてきたりするのですが、そんな時にはその答えとなる「直感」が普段よりも受け取りやすくなっているのも感じます。

やると決めて、身体のことを気づかってつながろうとしていると、ちゃんとハイヤーセルフは見ていて参加してくれている。私(顕在意識)とクウ(身体の意識)とハイヤーセルフの、3つの自己の協力作業が自分の身体で起きているのが実感できたりします。

健康に対する責任を取り戻すことは、人生に責任を取り戻す始まりにもなる気もして、今までの自分を色々反省しつつも...、汗をかきながら張り切っています。

上の写真は、たまたま組み合わせて飲んだら妙に身体が気にいってしまった、「梅干し入りパイナップルジュース」のイメージです。食べ物&飲みもの不思議な組み合わせを発見する楽しみも味わいながらの、元気プロジェクトレポートでした。

追記:これを書き終えてスーパーに買い物に行ったら、今まで見たことのなかった美味しそうなパイナップルジュースが、入り口に山積みになって迎えてくれました。その前で足がとまって手が伸びたのは言うまでもありません。

[PR]
e0115301_00462799.jpeg

「ああ〜しんど」「よっこらしょ」「ふう、つかれた」
そんな言葉がつい口から出、その頻度もだんだん高まってくる中、

「しんどいって言うから余計にしんどくなるんだ!」と言われ、反省し、
ああ〜しんど」と言いそうになったら即「ああ〜げんき」に変えている最近の私です。

身体の意識KUは、私の言うことをしっかり聞いていますからね。

今年前半の、ぐうっと気力が落ち込みがちだった日々。後半はそれを繰り返さないよう、意識的に気持ちを変えていく始まりになることを願って、「夏の元気プロジェクト」を始めることにしました。

といっても、そんなに頑張らないで、身体の声をきいてケアをして、かつ振り回されすぎないように、意識がきちんと指揮をとる。「フナの基本その1」って感じですね。

ニュースレターでお知らせをお送りしましたが、より詳しい内容とサンプルの音声をこちらWeeblyのページにのせました。

一つ前のブログのポール&ジェームズの歌声にもすっかり元気づけられ、ふと自然に鼻歌が出るようになってきました。笑顔で元気に暮らせるのが、何よりだなとつくづく思う2018年の夏です。

[PR]
こちらの動画をフリントが教えてくれました。私は何度見ても、最後の方で泣けてきます...。



[PR]
e-Learningは、ワークショップの録音を編集した音声をBOXというサービスを使ってお届けしています。皆さんそれぞれのパソコン、iPad、iPhone、スマートフォンの独自のBOXアカウントページにフォルダーが表示されます。こちらはパソコンのブラウザでの表示です。

e0115301_20555908.jpg

音声は内容毎に区切って編集しています。例えば今回のセルフヒーリングは全体で2時間半の内容を、15のファイルに分けています。一度全体を聞かれた後は、瞑想だけしてみるなど必要な箇所を選んで繰り返して聞くことができます。

e0115301_20560810.jpg
音声に関連した説明の文章を、それぞれの音声が表示されるページで見ることができます。

e0115301_20561198.jpg

当日ホワイトボードに書かれた図、参考にお見せした絵、話の中で例えに出てきた物の写真などは、説明の図フォルダーに入っています。

e0115301_23271384.jpg

現在は、基本的に参加された方のお声は含めずに編集しています。質問やシェアなどで話の流れ上必要な所は、文章にしています。声を入れさせて頂く場合には、個別にお知らせして確認した上で含めています。

e-Learning はいつでもどの内容でも参加頂けます。
こちらは現在(2018.7.9)進行中です。

・セルフヒーリング1
・自己尊重/セルフイメージ
・自然な自己とつながる
・内なる扉を開く  

詳しくはe-Learningのページをご覧ください。

お問い合わせもお気軽にnikoniko@gol.comまで。

私は編集する為に何度も何度も聞くので、内容を覚えてしまいそう〜とまで思うのですが、間をあけて又聞くと初めて聞くような気がしたり、新たな発見があったりします。

今回のセルフヒーリングの編集中は、丁度ヒーリングが必要な時でもあったので、頭痛を治す実習の応用バージョンやら浄化の瞑想をたっぷりできました。

身体や、身体と気持ちのつながりに、今まで以上に意識が向く夏です!




[PR]
e0115301_19324442.jpeg
先日、15年ぶりにガイドライトを受けられる方のセッションがありました。

不思議なもので、その時のセッションがつい先日の事のように思いだされ、(昨日の夕飯が何だったか思い出せない時もあるのに...)「ああ、そうでしたね〜」と、そのセッションで体験された事が、その後の人生にどう花開いていかれたか、まずはその話に花が咲いたのでした。

かれこれ20年続けていると、お互いに良い年齢を重ねながらも(笑)、こうして関係を続けさせて頂けることがありがたく、「これからの人生の節目として、またガイドライトを。」と思われたとの事が、何とも嬉しかったのでした。

ガイドライトの内容は人それぞれ、そして同じ方でもその時その時で変わってくるので一概には言えないのですが、ガイドライトも今、未来志向になってきているような印象を受けます。

ハイヤーセルフが、より顕在意識の私達に入ってきているという感じで、これは先日のセルフヒーリングのWSでも話に出てきていました。

「古代から伝え続けられている教えは変わることはないのだけれど、けれどもこの新しい意識の時代に、アップデートされていってる事もある。」そうフリントが話した事を目の当たりにさせて頂いたガイドライトでした。

2018年6月7月、当たり前と思っていた日常がある日突然姿を変えたり、自然や生命について思いを巡らすことの多い日々。光の方を選び、一歩ずつ進んでいきたく思います。

173.png

詳しくはこちらのページをご覧ください。
ガイドライト 現在は1セッションでも行っています。
お気軽にお問い合わせください。

[PR]
e0115301_00281295.jpeg
18日の大阪の地震の後、えも言われぬ、落ち着きのなさを体験していました。

そして昨日の夏至が過ぎ、今日は出張セッションから帰る道で、満ちていく月が頭上に輝くのを見ながら、久しぶりの落ち着いた空気を感じておりました。

エネルギーがかき回されていた数日間、私の精神状態も、普段は静かな水底の泥がかき回されて、水の中全体がにごってしまったかのような不透明な状態でした。

そんな中、夏至の夜に久しぶりに虹の島(新しい名前に変わっています。)へ行き、山の上の島全体が見晴らせる所で瞑想をしていたら、突然カラスが現れたのでした。

あまりに意外だったので「えっ?なんでここにカラス?、私カラス嫌いやのに!」と一緒に瞑想していたフリントに伝えようと、英語で口にしたくらいです。

が、そのカラスの登場が、その時のひどい精神状態の諸々のこんがらがった糸を、するするとほどいてくれたのでした。

といってもカラスがくちばしでほどいてくれたわけではなくて、私にとって「カラス」がシンボルとして表しているものって何か?と思った時に、「ああ、そうか」と気づいた事があり、その気づきによってほどかれていったのでした。

それはまさに、普段は水底で静かにしている自分の中の泥のこと。それがあることを知りつつ、否定して隠そうとして、自分を疲れさせてしまっているという事。泥が嫌いで嫌で、清い水だけでありたいと思うのだけれどそうはいかない。関わる世界は、ご親切にもそんな精神状態をそのまま映し出してくれる。

その状態が増幅されたような体験がこの数日続き、ピークに達していた夏至の夜、カラスが「そこを見ればいいんちゃうの?(よいのではないですか?)」とでも言うかのように現れ、もがきから救い出してくれたのでした。

カラスの背中にのって、ヒューッと島全体を空から見おろすこともできましたし、ああ、こんな形で解決がくるのだなと、心からほっとした夏至の夜でした。

丁度今日から外に出かける仕事も入っていて、始まった途端バシッとスイッチが入る音が聞こえるくらい切り替わりがおき、身体全体に新たな調べがみなぎってきたのでした。そのことにもびっくり!でした。言葉で表すなら「慈愛」かな。

ありがとう、カラス。だからといって、カラスが好きになったわけでもなく、そこがまた良いよな。という結末でもあります。ちなみに後でフリントと話していて、「Raven わたりがらす」だったのでは?と検証したのですが、この時のは普通のカラスのようです。

頭の批判を一瞬にして追い出す、身体全体にみなぎる慈愛」。今回のありがたいギフトだったなと、あのスイッチの感覚を意識的に使えるようになりたい、という新たな目標もできました。

これを書きながらイメージは何を置こうかな?と思って出てきたのが、上の蓮の花でした。

この泥があればこそ咲け蓮の花 --- 与謝蕪村

書く事で、美しい気づきの花が咲きました。読んで下さる皆様に、そして落ち着かない暮らしの中におられる方々に、届く何かがありますように。





[PR]
今朝の大阪の地震、ご心配を頂きありがとうございます。こちらは大丈夫でした。
被害を受けられた地域の皆様、お見舞い申し上げます。

今日18日のヒーリングワークショップは、6月29日(金)に延期にさせて頂きました。

<6月大阪・セルフヒーリング>

あなたの内なる自己(フナのロウセルフ)が、健康、エネルギー、身体的な症状の全てをどのようにコントロールしているのかについて学んでいきます。あなた自身の個人的な指揮と共鳴を通して、自分で癒しを行う内なる能力を目覚めさせていきます。

・今、何が起きているのか、地震からの心身の回復も含めて
・身体の意識とのコミュニケーション(フナの3つの自己を基礎に)
・瞑想〜自然の元素や色による浄化とヒーリング
・日々の暮らしで行えるシンプルな実践〜より健康になる為に
・フリントおすすめの、食べ物・飲み物、運動、本など 予定

日時:6月29日(金)午後1時15分から午後4時45分
場所:ライシーアム 2階和室 ー大阪メトロ「朝潮橋」駅より徒歩7分
参加費:5.000円(早期割引:4500円ー6月25日(月)お振込まで)

6月27日から2か月間の火星の逆行期間は、身体的エネルギー的な影響や変化が起きやすく、身体のケアをするのに良い時期なのだそうです。


[PR]
e0115301_22085592.jpg

先月の大阪での「内なる旅ワークショップ」後、宿題でもあったので「内なる旅」を何度かした。ある時、あの美形ガイドさんに会おうといつもの庭に行ってみたら、彼はあるメッセージを伝えた後に姿が見えなくなり、女性のガイドさんに変わった。上のイメージのようなきれいな人だった。

彼女が現れるやいなや、トーニング(音を出すこと)をするように導かれた。丁度、部屋に誰もいない時に横になって瞑想に入ったので、気兼ねなくたくさん音を出しながら、喉からも身体の他の箇所からもたくさん解放されていった。

今回はメッセージをもらうというより、「ああ、そうなのか〜」と気づく感じで、「自分の周りを自分の声(波長)で満たすことが、聖なる空間を強めることになる」「私はもっと声を出した方がよい。言葉でも音でも。これからは特にね。」というような気づきを受け取った。

これは東京に行く前の内なる旅で、タイプしてそのまま内容を忘れていたのだけれど、先日の東京での「聖なる空間2」のワークショップでの気づきとすっかりつながっている。

最近、頭の記憶はすぐ抜けてしまうのだけれど(泣)、内側でおきている事や気づきは、美しくつながっていってる。記録を残しておいてよかった...。とつくづく思います。

内なる旅の楽しさ、役にたつ驚き、もっと体験して頂けるとよいなと思います!


[PR]
e0115301_20433457.jpg
東京から大阪に戻り、昨日はしっかり休み、今日からまた活動開始です。

今回の東京も新しい方やお久しぶりの方、そしていつもの皆さんにお会いでき、あっという間の楽しい8日間でした。以前から行ってみたかったほぼ日さんの「生活の楽しみ展」が丁度東京にいる間だな〜と思っていたら、偶然に開催場所の恵比寿に行く用事ができ(それもとても近い距離で!)参加する事ができました!9月は大阪(梅田阪急)で開催されるようです。

今日は、セルフヒーリング・ワークショップでおすすめする食料品の買い出しへ。阿波座のビオラル靭(うつぼ) 店(オーガニック食品のスーパー)に久しぶりに行ったら、品揃えが以前より充実していました。毎日のお買い物をここですると大変なことになりますが、時々身体が喜ぶ色々や、珍しい食材を手に入れにいきます。

色々見るなか、上の写真のハーブコーディアルのシロップに惹かれましたが、今回は他のリストを優先したので、次回のお楽しみということになりました。デザインも美しい!

一つ前のブログで「胃が疲れて...」と書きましたが、あの後フリントの見立てで胃ではなく他の臓器が弱っているという事がわかり、その対応をしたお陰で早い回復となりました。そのお陰で、東京では美味しいものをほどよく食べて、元気に忙しい毎日を乗り切ることができました!

身体をいたわって、食べ物との良い関わりを大切にして、これからの夏を過ごしていきたく思います。6月27日から2か月間の火星の逆行期間は、身体のケアをするのに良い時期なのだそうです。

29日のワークショップでは、そんな色々なお話しやお味見もお楽しみに!



[PR]
e0115301_20144137.jpeg
ワークショップ日程29日(金)に延期にさせて頂きました。

先週いつもの朝食の席でトーストを目の前にして、食べようとする手の動きがぱたっと止まってしまった。頭の自分が、えっ食べないの?どうしたの?と驚いている。

我が家の食事はあらゆる分野のおもしろい話題が出て、話したり聞いたりに忙しく、気づきを持って食べることがおろそかになるのですが、この時は身体のストップ感が強烈で、無意識に食べることすらできなかった。

そういえば胃が疲れてるかもな、とそこで初めて気づく私。

普段からもっと身体の声に耳を傾けようと思いつつ、忙しかったりすると結構無視したり、目や頭や欲望で食べたりしてしまう...。

なので度を越すと、こうして身体(クウー身体の意識)が止めてくれる。
そこで初めて反省する...。

反省して今度はしっかりクウの声を聞くと、色々とアドバイスを授けてくれる。今の私の薬になる食べものや、身体の緊張しているところなどなど。

困ったときのクウだのみ。ですね。ああ、普段からもっと耳を傾けたい!

そんな私もあなたも、クウと仲良くして、梅雨から夏を元気に過ごすワークショップです!

<6月大阪ワークショップ・セルフヒーリング>

身体(フナのKu/ロウセルフ)の声を聞き、自分で身体のケアができるよう、イマジネーション、共鳴を使ったヒーリングのエクセサイズを行います。

・身体の意識とのコミュニケーション(フナの3つの自己を基礎に)
・瞑想〜自然の元素や色によるヒーリング
・日々の暮らしで行える、シンプルなエクセサイズ
・フリントおすすめの、食べ物飲み物、運動、本など

日時:6月29日(金)午後1時15分から午後4時45分
場所:ライシーアム 2階和室 ー大阪メトロ「朝潮橋」駅より徒歩7分
参加費:5.000円(早期割引:4500円ー6月25日(月)お振込まで)

クウKuは日本語だと「食う」?と思ってしまいますけど(私だけか...)
イントネーションは、空(くう)の方が近いですね。





[PR]
<個人セッション>

大阪 6月15日(金)から8月まで予定
東京 6月7日(木)から13日(水)まで

<東京 ワークショップ>
*6月11日(月)聖なる空間2ワークショップ @阿佐ヶ谷
*6月13日(水)瞑想〜内なる旅ワークショップ@阿佐ヶ谷
(13日はキャンセルになりました。)

<芦屋 瞑想〜内なる旅ワークショップ>
*6月24日(日)瞑想〜内なる旅ワークショップ@芦屋市民会館 
24日もキャンセルになりました。)


<大阪 ワークショップー日程変更>
セルフヒーリング〜身体の声を聴く
*6月29日(金)午後 朝潮橋 

[PR]
e0115301_23385475.jpg
今日は久しぶりの我が家のお座敷でのワークショップ。本当に良い時間でした。

庭の緑も皆さんの笑顔もまぶしく、フリントの話も絶好調で、私もほう〜っと思いながら訳していました。今日はイントロでしたのに、結局内なるガイドさんと出会う瞑想になりラッキーでした。

皆さんそれぞれ素敵な体験をされたようで、シェアも興味深かったですし、私もお爺さんでない男性で(笑)、ギリシャの美形のガイドさんが出てこられて、これからの内なる旅、俄然やる気がでてきました!でも、ちょっと厳しいところもありそうなので、あまり浮かれ過ぎず楽しくやっていこうと思います。今日はすてきなメッセージを頂けました。

通訳しながら、ああ、初めてフリントの通訳したのがここだったなと懐かしく思い、皆さまのお陰様で、良い年を重ねてこられたなとしみじみ思えた日でもありました。また気持ちも新たに、内なる旅も人生自体も楽しんでいこうと思います。

好評でしたので、また、ここでの集まりをする事になると思います。
庭の観音様も優しく見守ってくださってます。

[PR]
e0115301_14322212.jpg
最近、朝起きたら一番にすることは、お抹茶を点てて頂くこと。もう半月位続いています。丁度それを始めた頃に愛媛から友人が訪ねてきてくれて、美味しい和三盆の小さなお菓子を下さり、それを毎日一つずつ頂くのも楽しみで続いています。今日は雨も上がり風も爽やかだったので、二階のお座敷に座り、庭の観音様を見つめながらお茶を頂きました。

瞑想しようと頑張らなくても、あ、自然に瞑想モードに入っている!そう思った瞬間、以前このブログに瞑想とお茶についての文章を書いたことを思いだしました。探してみたら10年以上前の文章でした。丁度東京で瞑想のワークショップをした後に書いていたようです。

この頃は、自分の体験や意見やお勧めの事などを、素直にまっすぐに文章にしてたな、となつかしく思いだしてもいました。

175.png
9月にあった瞑想のクラスの音声をタイプしながら、
あらためて、瞑想について思いをめぐらせています。

瞑想というと、決まった形やしきたりがあって難しいと
思いがちですが、私はシンプルに「頭から心に戻る方法」
だととらえています。

それぞれの人が自分にあった「心に戻る方法」を見つけて
日常の暮らしの中で使っていくことができますように、
私の好きな「心に戻る方法」を書いてみたいと思います。

1. 「頭から心に戻る方法」を見つける

あまりに頭が忙しくなりすぎると、ただ座って瞑想しても、考えが続くだけ....という時がよくあります。そんな時私は、お抹茶茶碗をおもむろにとり出し、お茶を点てます。

お台所でお湯をわかし、道具やお茶をとり出しながらいつもより少しだけ、日常のお台所仕事とは違う営みに変えていきます。この少しだけの非日常というのが、私にはしっくりくるような気がしています。

お茶筅がしゃかしゃかしゃかと音をたて、竹の香りとお抹茶の香りが溶け合い、鼻の奥にぽわあんと香りがひろがる。

床に座って、さて一服味わいます。お茶碗を両手にかかえて、あたたかさと土の感触をじんわり味わいながら一口頂くと、ふわあっと肩の力が抜けていきます。がらがらがらと、城壁が崩れる感じがする時すらあります。

音や香り、ぬくもりや味わい、感じることが一度によみがえってきて、目を使って考えてばかりの世界から、意識がすっと下におりてきて心に戻る。着地する。これでひと安心。

私の場合は、感覚を感じながら何かの動作をすることが、頭を離れる一番の薬になるようです。みなさんはいかがでしょうか?

掃除をするというのもいいかもしれませんね。12月に入りお掃除の機会も増えますし、すべきことに追われて忘れがちな心を、この12月は何かをする動作が心を思いださせてくれることになるよう、変えていきたいなと思っております。

2. 「見立て」

日常生活の中でできることが大切なので、少し非日常の「お抹茶をたてる」の場合は、道具がないから...とあきらめてしまいがちですが、大丈夫です。

お抹茶茶碗は大きめのお茶碗やご飯のお椀、
カフェオレボールなんてのがあれば、完璧。
茶杓はスプーン(竹とか木製がいいかな)、
なつめは、お気にいりのジャムの空き瓶などで、
ひしゃくは、これも竹とか木製のおたま。
(金属は味が変わりそうな気がするので。)
もしくはやかんのお湯を(少し冷まして)そのまま注いでも大丈夫。
お茶筅は泡立て器で...というわけにはいかないので、竹のお茶筅をお茶屋さんで購入(1500円くらいだったかな)しましょう。

和室がない、床の間がない?  大丈夫です。お座布団が一枚あれば、そこがあなたの茶室。あなたが座ってお茶を頂くその空間こそが、あなたにとっての茶室。聖なる空間。

Wherever you sit and enjoy tea, you create your sacred space for tea.

見立ての世界、イマジネーションの世界こそが、お茶の世界の本質でございますのでね。

3. 花嫁修行

昔はお茶やお花は、花嫁修行(なつかしい言葉ですね)とされていて、現代っ子の私は、結婚した後お抹茶をたてて、床の間に花をいける生活なんてくるのだろうか?と訝っていましたが、

予測通り今は、完璧なお茶の世界のしつらえの中でお茶を点てることはないけれど、お茶を通して身についた気づきのエッセンスは、今の私を支えてくれている何よりの薬となっています。

一服のお茶を味わいながら、お稽古の時の静寂なひととき、実家のお座敷の光景や、お湯がしゅんしゅんわく音、少女の頃の思いまでが両手のぬくもりの中に、一瞬にしてよみがえってくることもあります。

瞑想という言葉は知らなかった少女の時。30年後の世界がこんなにもめまぐるしい変化の時になるなんてことは、あの頃の想像を超えていたでしょうが、何故だかわからないまま魅力を感じて身につけていたことに、今しっかりと守られています。花嫁とやらになった覚えはないけれど、感性もからだもやわらかい間に、茶道という名の「型」の中に身をおき、身の中に「型」をおいていった体験は何よりの宝になっています。

4. 伝統とその教えの源に感謝を

修行といっても、もちろんその頃は修行だなんて思ってもなかったでしょうし、日本の文化が好きでお茶やお菓子やあの空間が好きで、その中でこつこつと、からだや感覚を通して「遊びながら身につけた」ことが、今振り返れば修行になっていったわけです。

禅寺にこもらなくても、日常と非日常の間を行き来しながら、心の眼を開く修行の形をこのようにさりげなく残してくれている、日本の文化をとても誇りに思います。

茶道のもともとはある星からやってきた教えだという説もありますので、その星の方々と日本に心からの感謝を捧げながら、今日も一服のお茶を頂いております。

e0115301_2153733.jpg
[PR]
e0115301_00431338.jpg
最近立て続けに、ハートクリアーのページQAコーナーに出てくる、「フリントのスカイダイビングの事故からハートクリアーが生まれた。」という話しをする機会があって、興味深く思っていました。

「Q: このワークの起源について教えて下さい。

A: 私自身が体験したスカイダイビングの事故によっておきた、ハートのあたりと肋骨のねじれに、天使のガイドによるヒーリングが行なわれていた時にこのワークの可能性が私に示されました。多くのボディーワーカーがそのねじれたからだの構造を直そうと試みたのですが、天使だけがその解決を知っていたのです。その日、私のエネルギーと姿勢は回復したのです。

数年が過ぎ、私がヒーリングの実践を始めた後、大変なむちうち、鬱、感情的なトラウマのケースに接している中で、直観的に導かれたのです。ハートとハイハートへのアプローチへと発展していく、遠い過去に実践していたセラピューティックな調整法を私は思い出し始めました。これは、今必要とされているものなのです。あるクライアントの方が自分の体験を表現しようとして、このワークは古代のエッセネのニュアンスを持っているようだと描写してくれました。」

天使のガイドによるヒーリングが具体的にどんな様子だったのか、今日あらためて聞いたのですが、フリントには天使がそんな風に見えるのかと驚きでした。

ハートクリアーは、一見すると普通の施術に見えるのですが、かなり珍しい不思議なセッションだと思います。今日もボディーワークを終わられて、前に座ってらっしゃる方から発せられる光が明るくて、人間って光るのだなとあらためて感動していました。(ボディーワークでいらした場合でも、ハートクリアーも含まれます。)セッション中に明らかに部屋のエネルギーが変わって、私も起きていられなくなる瞬間があったりします...。

先日のフリントのメッセージにもありましたが、モラセスの中にいる感じが続いていたり、方向性が見えにくい、落ちこみがちな時には、すっきりとハートの光を取り戻しにいらしてください。

この季節、お庭の緑も眩しいです。

e0115301_00471598.jpg
ハートクリアーページへ




[PR]
←menu