カテゴリ:明日香リトリート( 19 )

e0115301_16555186.jpg


最終日23日の終了時間、午後4時に変更しました。

1日参加(日帰りの方)は基本的に午前10時半から午後4時まで、その場合参加費は7000円です。

部分参加の場合も早期割引適用中です。



今年も春の始まりは明日香に集います。前日20日の春分と月食にはさまれた3日間、自分の為の時間をとり、あなたのハートからのビジョンを創造する始まりにしていきましょう。

*自然の中と内なる世界でのビジョン・クエスト
 ー人生の方向性を明確にし創造し始めていく
*エナジーアウェアネス〜エネルギーへの気づきを高める
*自分のエネルギーをクリアーにしアラインメント(整合)する
*インターディメンショナル(次元間)な気づきを通して自然とコミュニケートする
*シャーマンの目で世界を知覚する
*マインドから離れてハートへと移っていく
*古代ギリシャの夢のワーク アスクレピオスの神殿(希望者のみ)

などの予定です。

ゆったりとした時間の中、自然の中やお食事中の皆さんとのおしゃべりの中からも、たくさんの気づきが生まれるリトリートです。そして最後のビジョンの宣言は、前に進む勇気を呼び起こしてくれる貴重な体験です!
初めての方もリピーターの方も、ご一緒するのを楽しみにしています。

日時:3月21日(月・祝)22日(火)23日(水)満月・月食
   21日午後1時集合/23日午後4時終了予定
   部分参加も可能です。

午後4時半橿原神宮前行きバスで出発予定です。
大阪・京都への近鉄急行午後5時過ぎ発と接続しています。


*今年の春分は20日(日)午後1時半です。

場所:奈良・明日香村
宿泊:祝戸荘

リトリート参加費:3日間で26000円
(早期割引3月11日(金)まで:23.000円)

*1日参加、1泊参加はお問い合わせください。

宿泊費は16.420円(2泊朝夕食込み)
     8.640円(1泊朝夕食込み)
(宿泊費は現地で集めさせて頂きます)
合計:42.420円(早割:39. 420円)

交通のご案内

ご質問&ご相談などお気軽にnikoniko@gol.comまでお問い合わせください。

今までの明日香リトリートの感想など、
こちらのページにまとめました。
[PR]
明日香リトリートお問い合わせをありがとうございます。
初めての方は、下記のいくつかの情報を参考になさってください。

明日香へのアクセスは、こちらのサイトがわかりやすいかと思います。
橿原神宮前駅からのバスの時刻表もございます。
旅する明日香ネット

時間や参加費などは2015年度とほぼ同じになる予定ですので、参考になさってください。
2015春分明日香リトリート

2016年度のテーマはインナービジョンクエスト、
自然の中と内なる世界でのビジョンクエストです。このような感じです。

New Earth, New Vision リトリート

訪れる場所の希望も幾つかあがってきていて、プログラムの参考にさせて頂きます。

祝戸荘は和室の広いお部屋での宿泊になります。宿泊ご希望の方は、お早めにお知らせ頂けるとありがたいです。男性は特によろしくお願いいたします。

明日香でのゆったりした時間を楽しみにしながら、ちょっと忙しくなってきた日々も、波に乗っていきたく思います。

先ほど「最近現実化が早いですよね〜。」というメールを頂きましたが、皆様いかがでしょうか?

昨年春の明日香の風景より。私はこの飛鳥川で水に足をつけるのが大好きなのです。冬の間に積もっていった諸々を、きれいさっぱり浄めるのに何よりです。

e0115301_22393872.jpg

[PR]
e0115301_18592911.jpg


(2015.春分の明日香 by Flint)

新緑の季節。自然の中でリラックスし、大地が与えてくれる癒しや豊かさを思い出すのに良い季節です。明日香が一年で最も美しいといわれるこの季節。清らかな水と光の中でリフレッシュし、新しい旅立ちへと一歩を踏み出していきましょう。

<アウェアネスと共鳴>
自然の中で時間をかけてマインドをしずめ、アウェアネスー気づきの意識を拡大させていきます。自然と自分自身にチューニングをあわせる事で、私達は知覚を拡げることができ、自然とスピリットとのつながりが深く理解できるようになります。

日常の意識が拡大するにつれて、あなたのインターディメンショナル(次元間)な知覚と能力も又開かれていきます。あなたにより多くを示そうと待っている内なる自己との冒険を始めるには、共鳴と自然を通して実習していくのがベストな方法です。

シャーマンのガイドで自然の中を歩き、里山料理に清らかなお湯のお風呂。
夜空に包まれ瞑想、アスクレピオスの神殿にて夢を見る。
みんなで笑顔でおしゃべりをしている内に、ずっと眠らせていたあなたの本質・才能が、自然に目覚めている。そんなナチュラルで不思議なリトリートです。


下記の内容を探究していきます。
* マインドから離れてハートへと移っていく
* 共鳴の原理とその使われかた
* 自然界に存在するエネルギーとの共鳴の実習
* インターディメンショナルな気づきを通して自然とコミュニケートする。
* 内なる旅~自然な自己とのつながり など
* 古代ギリシャの夢のワーク アスクレピオスの神殿

日時:5月16日(土)17日(日)
   午後1時開始/午後4時終了予定
場所:奈良・明日香村
宿泊:祝戸荘
参加費:20.000円
宿泊費: 8.640円(1泊朝夕食)
*宿泊の定員は6名で、現在女性2名空きがあります。
*1日のみなどの、部分参加はお問い合わせください。
[PR]
下の文章を書いてから12年。そこに書かれている出来事がおきてから15年半が経ち、その時以来初めて、今回の明日香リトリートで思い出の場所を訪れました。写真は先日撮ってきたものです。明日香の風景は、その頃とまったく変わっておりませんでした。変わったのはこの私ともう一人の登場人物だけ(笑)。

<フナとの出会い>

明日香の”へび”

あれは1999年の9月の出来事。その頃の私は京都の三宅八幡で、ひっそりと京女生活を送っていました。ひとり暮らしも3年目を迎え、自分の進む道や人間関係で悩みを抱えていたある日、思い立って何故か奈良の明日香に出かけました。

e0115301_23261963.jpg


いつものようにぞうりを履いて、(京都ではいつも草履、それも伊勢の神宮会館で売っている巫女さん用のぞうりを履いていました。)ふらふらと明日香の田んぼのあぜ道を歩いていたら、急にガツン!と、まるで空から石が降って来て足の小指にあたったかと思うような激痛が走ったのです。びっくりしてかがんでみたら、足の小指にすっーと歯形がついていてそこから血がにじんでいます。へび? 毒? 余りのショックに気が動転してしまい、「私はここで死ぬのだろうか?」とその時本当にそう思ったのでした。(今ならそんなたいそうな!と思えるのですが。)周りに人はいないし、とにかく持ってた水で血を洗い、オーラソーマのポマンダーをつけて、聖徳太子生誕の地だったか何か石碑のあるところで(そういえば”龍”の文字が書いていたような気がする。)一心に拝みました。

e0115301_23262265.jpg


しばらくたっても別にからだに変化は起こってこないし、段々気持ちも落ち着いてきてとにかく家に帰ろうと歩き始めました。でもまだ気が動転していて、バスに乗るのも忘れてただひたすら明日香から橿原神宮まで歩きとおしてしまいました。

”へび”とシャーマニズム?

京都の家に帰りほっとした時に、何気なくその時壁にはっておいたちらしが目につきました。ハワイのシャーマニズム「フナ」の文字に目が引き寄せられ「シャーマニズム......?」「へび?」頭の中でこの二つが、一瞬の内に結びついてしまったのです。これも今思えばどういう理屈かわからないのですが「このワークショップに行けば”へび”の意味がわかるかも?」というその理由だけて参加することに決めたのです。そもそもそのちらしは、ハワイ好きの友達に教えてあげようとファックスをして、そのまま壁にはったままにして、自分には何の関係もないものと思っていたものなのです。その時丁度、フナがある翌週に同じ関西セミナーハウスで行なわれる「ハコミセラピー」のワークショップを受けるはずにしていたのが、不思議なことに、最初に問い合わせた時は「まだまだ大丈夫ですよ。」といわれてほっておいたら、申し込もうとしたら急に「定員いっぱいになりました。」といわれて途方にくれていたところだったのでした。次の日、フナのワークショップをその時主催されてたところに電話をかけたら、のんびりした調子で「担当者は今いないけど、大丈夫ですよ~」といわれ、早速申し込んでしまったのです。こうして「フナ」という未知のワークショップに、勇敢にも参加することになったのでした。

フナのワークショップで心の中は大騒ぎ

当日の朝セミナーハウスに着いたら、玄関にコーディネーターの方とフリントさんがいて(その時は当たり前だけどお二人とも初対面でしたが)その方が荷物をたくさん持ってらしたので、「手伝いますね。」といって、余りにも自然にお手伝いをしたのを覚えています。ワークショップの行なわれた場所が、いつも自分が香りの瞑想のワークショップをしていた能舞台だったということもあり、緊張せずにその場にいました。けれど「フナとは?」という話をフリントさんが始めた途端「これは26000年前にプレアディスから伝えられた教えで。その頃レムリアが.....。」プレアデス~。レムリア~。26000年~。うそお!と心の中では大騒ぎが起こっていました。もちらん表面上は静かに聞いていましたが。それまでの私は心理学系のワークショップや禅のリトリートには参加していましたが、いわゆるスピリチュアル系(この言葉が適当かどうかわかりませんが)のワークショップには出たことはなかったのです。「プレアデスが~。」とかいう人たちは違う世界の人、と心の中で思っていたくらいです。でもその時は「ここに来ている人は本当に普通の、どちらかというと真面目な感じの人達だし、この外人さんも真面目な雰囲気で、事実としてレムリアが~とかいうてはるし、どういうことだろうこれは~。」と思ったのを覚えています。それでその時のワークショップは無事終わり普段の生活に戻りましたが、その後に色んな出来事が起こり、99年の年末は今思えば私にとっての大きな変化の時となりました。

(ファシリテーターは15年前のこの方です。)
e0115301_2333081.jpg


同時に訪れたフラとの出会い(省略)

そして出会いから次なるステージへ

そしてその年の12月、又フナのワークショップがあったので参加しました。この時はもう2回目だし、そんなに驚くこともなく余裕で過ごしていられる......と思いきや。休憩時間にコーディネーターの方とお茶を飲みながらしゃべっていて、何の拍子か「私はこれから忙しくなってフナのコーディネートはできないのよ」という話になり、その方があまりに当たり前のように「法子さんがやったらいいと思うわ」とおっしゃったのです。それを聞いて思わず口をついて出た言葉が「やります私。」(おいおい、そんなに簡単に引き受けていいのかあんた。)とつっこんでっくれる人がいなかったばっかりに、今こうしてこのホームページに思い出を書いている私がいるのです。明日香のへび。ハイヤーセルフが私の為に置いてくれた次のステップへの踏み石は、今思えば何とも不思議な趣きのあるシンボルでしたね。それでへびとシャーマニズム、フナの関係は? それが未だに謎なのです。

2003年4月1日 法子

この話をする度に、いつも皆さんに聞かれます。
「それでその後、謎はとけたのですか?」って。

今までずっと、「それがわからないんですよね。」って笑ってたのだけれど、
たった今気づきました。「私がこの物語を創造したのだ!」ということに。

e0115301_23511863.jpg


たっぷりの太陽の光と、7人の皆さんの笑顔がキラキラしていた2015春分明日香リトリート。たくさんの思い出と気づきをありがとうございました。

また新しいステージが始まっていきます。
[PR]
e0115301_22252521.jpg


新しい交通案内〜バスの時刻表のリンク付き追加しました。
部分参加(2日/1日)の料金を追加しました。
参加検討中の方は15日(日)までに一度お返事頂けるとありがたいです。

今年の春分(3月21日) は前日20日の皆既日食から4月4日の月食へと続く変化の時。 この特別な週末に自分の為の時間をとり、あなたのハートからのビジョンを創造する始まりにしていきましょう。今やってきている新しいエネルギーは、あなたのビジョンをサポートしてくれます。

リトリート内容の予定です。
*ハイヤーセルフとのつながりをInnate(フナの低位自己)を通して探求する
*自然の中でのビジョン・クエストーハートからの人生の方向性を明確にする
*シャーマンの目で世界を知覚する
*インターディメンショナル(次元間)な気づきを通して自然とコミュニケートする
*変化の時にエネルギーをクリアーにしアラインメント(整合)し始める。
*マインドから離れてハートへと移っていく
*古代ギリシャの夢のワーク アスクレピオスの神殿(希望者のみ)
*虹の島の冒険ライブ 春分スペシャル

去年の夏に、ピラミッドの形であることが発見され話題になった、都塚古墳も訪れる予定です。

e0115301_026781.jpg


日時:3月20日(金)21日(土)22日(日)
   20日午後1時集合/22日午後3時終了予定

場所:奈良・明日香村
宿泊:祝戸荘

リトリート参加費:3日間26.000円
宿泊費:16.420円(2泊朝夕食込み)
合計:42.420円

参加費:2日間15.000円
宿泊費:8.640円(1泊朝夕食込み)
合計:23.640円
21日(土)午後1時集合/22日(日)午後3時までの場合

参加費:1日間(21日(土)午前10時半から午後4時終了予定)
参加費:7.000円

その他はお問いあわせ下さい。
交通のご案内〜バスの時刻表のリンクもあります。

ご質問&ご相談などは、nikoniko@gol.comまでお気軽にお問い合わせください。
[PR]
春分が明け、あたたかさが幸せの粒のように
からだに浸透してくるのが感じられます。

こんな風に季節の感覚をあらわしたことは初めてで、
書きながら自分でへえ〜っと驚いています。

何かが変わりましたね。この春分。

3日前のことが、映画のように思いだされます。

昨年の春分から1年ぶりの飛鳥への旅。
毎回訪れる度に、様々な表情を見せてくれる女淵。

女淵に行くまでの過程は、心の中が映し出されておもしろい。
今回は、栢森について歩きだしたら雪がちらついてきた。

今年は行く先々で雪に縁があるなと思いながら、
お昼を先に食べることにして、あたたかい「さららさん」で
ゆったりお話しながら食事が終わった頃に陽がさしてきた。

よかった行けるかも!

女淵へは、お天気によってすんなりと行ける時と
雨の後に水かさが多かったり、ぬかるんでたり
木が倒れて道をふさいでしまって行けない時もあったりと、
様々なことがおきてきます。

今年は変わりやすいお天気の中、再挑戦。

土筆を見つけながらふわふわした春の土の上を歩いた後、
川沿いの道を歩いていったら、水にせきとめられて次へいけない。
でも今回は大丈夫、別ルートが前回わかったので
途中まで引き返し、上からの道を通る。

ぬかるんだ急な道を皆でおりて、ひとまず到着。

e0115301_15364351.jpg


優しい滝のイメージだった女淵は、今回は
水の流れが激しくて、荒々しい感じ。

さすがに、滝の前まではいけないかなあと思ってたら、

濡れてもいいや!って、ざっぽ~んと足をつけて、渡っていく人あり。
そっか。ここまで来たのだもんね。

滝の前でお祈りをしていたら、女性性にまつわる哀しみの記憶が
(個人的なものではないような感じ)ごそっと、ぽろっと
はずれていったような気がした。

春分の新しいエネルギーを迎え入れる、祝福のセレモニーでは
新しい地球の鼓動が感じられてびっくり。(地震かと思ったくらい)

一仕事終えた気分でさららさんまで戻り、
あったかいお茶とケーキでほっと一息。

冒険とほっこりの、バランスが心地良い。

最後は、さららさんでテーブルを囲んでの瞑想。

瞑想が日常にとけこんで、そのバランスも心地よい。

そっか、バランスの日ですもんね。春分。

奥飛鳥の自然を満喫して、帰りは何と阿倍野ハルカスの大都会を探検。
都会と自然。これも一つのバランス。

どんな環境の中でも、しなやかに強い女性達。

雪のちらつく寒い道も、お日様のように笑いながら駆け抜けていく。

勇敢であること、セルフエンパワメントということも、
もっと肩の力を抜いて、笑いながら(時には泣いたりもしながら)
できてしまうことなのかもな。と。

厚い雲から射し込んでくる光と、今回の旅の仲間達が教えてくれた。

e0115301_15352899.jpg

[PR]
新しい地球とエネルギーに共鳴して、あなたの内なる光が目覚め輝き出そうとしています。奥飛鳥の優しい自然に包まれて、あなたのコアとなる新しい光を迎え入れていきましょう。

フリントがニューアースを訪れた体験も語ります。

*自然の中で古いエネルギーをクリアーにする
* ニューアースのエネルギーにチューニングをあわせる
* アセンション・トーク~スピリチュアル・フォーキャスト
* 光を呼吸する/スターテトラヒドロン瞑想

日時:3月21日(金・祝)午前11時から午後4時予定
   近鉄「飛鳥駅」 10時35分集合
場所:奈良県高市郡明日香村栢森(近鉄「飛鳥」駅集合)
奥飛鳥「さらら」さん/女淵周辺予定
参加費:4,000円(早期割引 3,000円ー18日までにお申し込み)
   (20日午後3時までにお申し込み下さい。)
詳細はnikoniko@gol.comまでお問い合わせ下さい。

e0115301_15171967.jpg


この場所に初めて立ったのが2012年の冬至。

あれから月日が流れて...今。

自分自身の事は、つい「相変わらずな私」と捉えてしまいがちなのだけれど(泣)、出来事のおきていき方や、周りの人とのつながりから映し出されて見える「私」は、明らかに何かが新しい。

春分には、それがさらに光のもとに現れてきますように。

奥飛鳥「さらら」さん
[PR]
石井ゆかりさんのメッセージは、今週(2014/3/17-3/23)もなるほど〜と思うお話の数々が凝縮されておりましたね。

最後のまとめのところだけ抜粋させて頂きますと、

春分は「真新しい」タイミングです。
でも、ここでは「ただ新しいだけ」のことではなく
「これまで」に深い理解を及ぼした上で始められるストーリー
というものがあるような気がします。
単に過去を切断して、振りきって進むような道行きではなく
心のスピードを考慮し、より「現実」に沿った形で新しいことをはじめる、
そんな具体的理知に包まれている感じがするのです。
「現実」は、ばっさりと割り切れないことが多く含まれていますが
そうした複雑さにちゃんと対応する力が
乙女座-魚座ラインには詰まっている感じがするのです。

ーーーーーーー

春分をどこで過ごすかも、まさにこのメッセージのような展開となってきました。
新しい場所を検討してみたのですが、どうもうまく進まず....
ちらほらっと聞こえてくるお声をたよりに、決まっていきました。

再び、奥飛鳥にて過ごす春分です。

春分のワーク&瞑想の予定です。
ランチは「さらら」さんにて。

乙女座ー魚座ラインで(笑)
お天気と寒さの様子を見ながら、室内と自然の中とで行っていきます。

詳細はお隣へ。
[PR]
e0115301_22512761.jpg


冬至の日に訪れた奥飛鳥、柏森の女淵です。女性の龍神が棲み竜宮城へ続く場所といういわれが信じられる場所でした。滝壺の水深は6メートルなのだとか。

ここにたどりついた時は、他のどの場所でも感じることのない感覚がありました。

初めての場所のはずで最近知った場所なのに、ここが、私がたどり着くことを目指してきた場所なのだとわかる場所。それも2012年の冬至の日に。

その後はおとぎ話のような展開もあり、明日香村の方とたくさんお話ができた旅でした。
[PR]
夜の瞑想に東京から参加しました。

神殿への誘導瞑想を聞いてその場に一度座ったのですが、そういえば今回は立って下さいという話があったのを思い出して立ち上がると、頭上に黄金の光が溢れていました。そのシャワーを暫く浴びていると、身体が何倍にも大きくなったような気がして、その身体が地球の大気圏を突き抜けてその先に行っているようなビジョンを受け取りました。

また美内すずえさんの「アマテラス」のイメージが降りてきたので、黄金に輝く地球を包み込んでいる女神と同化するイメージで、自分も同じように手の中に地球を思い描き、その周りを黄金の光で包みました。

e0115301_20252261.jpg


光のシャワーの中でまどろんでいると「自らの思考に注意せよ」というメッセージが聞こえてきました。

21(22)日までは(それ以降も)意識的であること、自らの感情に
しっかり向き合うようコミットメントしたいと思います。

--- A.N.
[PR]
←menu