祖父と、初めて会う。

e0115301_19561689.jpg

少し遡って、6月の大阪・魂の移行ワークショップでの出来事。

ご先祖様と出会う瞑想で、私は父方の祖父と会った。

私が生まれる1年半前に亡くなったので、実際に会ったことはなく、
お仏壇の上の着物を着た遺影のイメージしかなかった祖父。

それが先日の瞑想では、シャツとズポン姿で現れてびっくり!
それも若返っていたので、私の従兄弟(祖父の息子の息子)に似ていた。

昭和38年に亡くなっているので、着物を着て生活していたはずはないのに、私の中ではお祖父ちゃんは着物を着て静止したイメージでしかなかった。(笑)

何たる思い込みで今まで生きてきたのだろう…。
それもあってか、あまり祖父を思う事はなく過ごしてきてしまった。

それが生まれて初めて、お祖父ちゃんと出会えた。若く動くモダンな彼と!

「この世で一緒には過ごさなかったからといって、おまえが孫であることには変わらない。」というようなことを言ってくれてたようで、今これを書きながらちょっと涙が出ている。

通訳しながらだったので、じっくり話しはできなかったけれど、
そのメッセージを受け取っただけで十分だった。

そうだよな。孫への思いというのは、そういうものだよな。
おじいちゃんにとっては、末息子の末娘なので最後の孫な私。
ずっとお空の上から見守ってくれてたのだなと、ほんとにほんとに今更ながら知った。

お盆を前に、良い体験ができました。
根っこがしっかり、つながったような。


[PR]
by awakeningarts | 2017-07-17 20:00 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://arcturians.exblog.jp/tb/25921083
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
←menu