天川〜セブンシスターズの輝き

今回の天川リトリートは、あらまあ!と思うことが重なったのだけれど、
まず何より、下市口の駅から天川が近くなった事の驚きから始まりました。
新しいトンネルがさらに開通していて、あっという間に川合に到着してびっくり。

おかげで、新装「OhTree」さんで美味しいランチを、皆さんと一緒にゆっくりと頂けました。

ランチの後は、魂の移行のディープな話から始まって、
お天気の良い間にと、みたらい渓谷へ出発!

天川に来る前の週「魂の移行のワーク」で花の橋までガイドしたフリント。

e0115301_20472946.jpg

みたらい渓谷では清らかな水の流れる音を聴きながら、
大きな岩の上に寝っ転がって、人間としての古いテンプレートの解放。

そこから起き上がった皆さん、お顔が違っている!
もうリトリートこれで終わっても良いくらいだね。とフリントが笑っていた。

天河神社に静かにおまいりして、Milky Way さんの和室でのトーク

フナの話から、今回は顕在意識/ロノを中心に。
私は帰ってきてからこの時の話、「自分でつくった規則を、相手もそれに従うように期待している。」という言葉がずしんと響き、
今まで苦しかったのはそこだったのか!とわかったことで、かえって楽になるという事がおきています。

美味しいお食事を頂き、

e0115301_20473588.jpg



夜は銀河の中心への瞑想。

早朝のお参りは、今までにも何回か参加させて頂いたのだけれど、
今回は何かがいつもと違っていた。祝詞の声や太鼓の音が、響く響く。

e0115301_20472665.jpg


社務所で鈴を頂いてたら、宮司さんがフリントと話をしたいとおっしゃり、皆さんと社務所の中で、色々なお話を聞かせて頂きました。

大銀杏を見上げ、

e0115301_09585242.jpg

天と地のエネルギーを受け取りに二つの小さい山に登り、
そこで無限呼吸をしてハートに意識を向けたり。

e0115301_20474177.jpg


再び美味しかった「かどやさん」でのお昼の後は、 南朝黒木御所跡にて自然のワーク。最後は、光を呼吸しながら芝生の上をゆっくりと歩く。

たっぷりの2日間、天川七夕リトリートでした。

私を含めて7名の華やかな女性達。

お互いの存在が響き合って、光が織り合わさって、新たな輝きが生まれる。
まさに、セレシャル・レゾナンス。

セブンシスターズの神々しい響き、
今はそれぞれの場所から、輝きを放っておられるのが、
ハートで見えるかのようです。

2017年の7月6日7日、貴重な二日間をありがとうございました!





[PR]
by awakeningarts | 2017-07-12 21:05 | 天川リトリート | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://arcturians.exblog.jp/tb/25910173
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 脇山明 at 2017-07-16 10:49 x
こんにちは
すばらしいリトリートだったようですね
参加者は女性七名さんだったのですか?

このレポート読んで浮かびました
「その女性の皆さんは北斗七星で
フリントさんは北極星なのかな」
Commented by awakeningarts at 2017-07-17 19:35
脇山さん こんにちは!

そうなのです。参加者は私を入れて7名の女性でした。神社の鳥居の前などで、七人並んで撮った写真は、華やかで迫力がありました〜。

なるほど、北斗7星も7つの星ですね。
北極星を見つけるのは、北斗7星から見つけますし…。

男性の方々も、またリトリートご一緒したいです。
北極星、一つというのも寂しいですし。(笑)

ところで、北極星というのは歳差運動の為に、時代によって星が変わるというのを
この年になって初めて知りました!

「例えば紀元前58,000年頃にはうしかい座α星のアークトゥルスが北極星であった。」
と書いてありました。

空の事も、まだまだ知らないことがいっぱいです。
←menu