魂の移行ワークショップ感想 2

魂の移行ワークショップ感想を頂きました。

人が亡くなってゆくとき。いまは確かに生きている、でもやがて死を迎えることがわかっている人に、あなたはどう寄り添うでしょうか?

数年前に大切な人を亡くし、従来の概念・見送り方に疑問を持った私は真実を求めてこの「魂の移行」のワークショップを受けました。「私が死んで身体を抜け出したら、その後どうすればいいんだろう?」という率直な疑問にも答えてくれました。それは、生きているうちにこそ知っておきたい内容、いずれは死を迎える存在であればこそ知っておくべき内容でした。

何となく、は知っていたけれど、死後の魂のガイドをされているフリントさんの体験談を聞き、この移行のプロセスは死を迎えたからではなく元気に生きているうちから始まっていること、それは見送る側の人であろうと同じであることを確認しました。

すでに亡くなった人がいるけれど、どうしているだろう?
そんな想いがある方には是非聞いていただきたい内容です。

さらに、こんなことがありました。
私は小さい頃からよく夢の中で「ある世界」に訪れていました。
それは死後に亡くなった魂が滞在する場所であることが、このワークショップをきっかけに確認できました。そのような方は大勢いらっしゃると思います。

このワークは介護医療の現場の方も受けておられますが、すべての人にやがて訪れる経験であり、亡くなりゆく方への心の向け方、葬儀の在り方、何より自分の生き方・在り方を意識的にとらえる素晴らしい機会であり、このような稀な機会を提供されているAwakening Arts Lyceum さんに感謝いたします。
20日は私も参加します。

*2015年7月 亡くなった私の母はこのワークショップを受けていました。本人の希望により、魂の移行ガイドのワークを死後に受けました。また後日、その内容もシェアさせていただきたいと思います。

Riekoさんのブログより
[PR]
by awakeningarts | 2015-08-15 22:43 | 魂の移行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://arcturians.exblog.jp/tb/23565870
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
←menu